DSC_3989.jpg

2018年12月13日

師走も走る

12月もあと半分くらい。
早いねぇ〜っていうのも毎年・・いや毎月のことで少し飽き気味だ。

12月は師走・・・師走の語源には諸説あるようだが・・これも毎年書いているような気がする・・
師走は当て字で、正確な語源は未詳であるそうだ。
主な語源説としては平安末期、師匠の僧がお経をあげるために、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」というのがある。
日頃はのんびりした坊主がこの月だけは走り回るからそのような呼び名になった!と云ことだろうか。

僕は僧ではないが坊主ではある。
だから僕は走っている・・12月の雪でもやはり坊主らしく走り回っているのだ。
その雪道ランのお供にシューズを購入した。

20181213a.jpg



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:00| Comment(0) | クラブノート

2018年12月05日

タイイングの前のやることリスト


スレッドが肝心なところで切れる。
ダビングループを作ってシールズファーを差し込んでくるくる回す。
できたヌードルを適度なところでクリップしてフックへ回しこんでボディを作る。
ビーズヘッドの手前で一旦フィニッシュするが力の入り具合なのか、ビーズのバリが悪戯するのか、
突然「ブツッ」と切れる。
こちらの頭もブチっとキレる。

状況は様々がだタイイングにはこのようなことはあるわけで、
毎度のことながら怒りは自分に向いてしまう。
基本は基本としてやらなければイケないことをし忘れた自分のいい加減さを痛感する。

スレッドの補強・・付着潤滑油的効果も含めて
特に8/0以下のスレッドではタイイング用ワックスを通すのは必要な処置だろう。


20181202a.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 21:08| Comment(0) | クラブノート

2018年12月01日

阿寒倶楽部のフライフィッシング動画ACM Vol153 十勝川の釣り

いつもの冬がやってきた。

札幌は根雪になるのだろうか?

今週の初めのポカポカした道東が懐かしい・・

と北海道人・・道産子らしくない言葉であるが、そう感じるね。



さて今回は北海道が誇るビッグトラウトリバー「十勝川の釣り」動画である。




⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 12:29| Comment(0) | Akan Club Movie

2018年11月29日

十勝川の釣り2018年初冬

11月28日
十勝川河口

FlyRod 11F6番
Flyline エアフロレイジコンパクト420グレイン+エアフロポリリーダーファストシンク
Tipet シーガーグランドマックスFX2X
Flies HigeFlyBH ストリーマー6番olive

いつものタックルで挑む十勝川河口。
風が強くなればタックルはすべてアップしなくてはいけない、が穏やかな条件であればシングルハンドの6番でも釣りは可能だ。
河口と言えどもポイントへ進んで釣りをする。
そのポイントの判断が難しのかもしれない。
ご存知のようにアメマスは群れでいることが多いからね・・

さて今日は




20181128a.jpg




⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:15| Comment(0) | 北海道のFF

2018年11月28日

2018年阿寒湖ラスト釣行11月27日

それにしても天気が「不気味」
僕としては雪が降らないことで早朝や夜の雪かきがないことはうれしく思っているが、
雪が降らないことで「困っている」業界や人もいることでしょう・・ご愁傷様です。

阿寒湖もまるで初秋のような雰囲気。
湖岸に立っていてもポカポカして眠くなったりして。
釣への意欲もなんだか薄れがちでボヤーっと釣りをしてきました。

20181127a.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:13| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2018年11月23日

11月の阿寒倶楽部動画



11月のガイドも終わりガイドMovieを発送したので自分動画を編集しました。
一気に三か所の釣りです・・・毎日の釣り時間も短くて長くても4時間くらいかな、
だいたいは2時間ほどで釣り場を離れております。

それでもガイドをしていると自分が釣りをしているように感じるのでしょうね、
毎日の釣り時間は濃厚で楽しいです。

それも皆さまがしっかり釣りを成立させて頂けるからなのでしょうね。
ありがとうございます。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:21| Comment(0) | Akan Club Movie