webshop.jpg

2017年04月30日

阿寒湖 解禁・・前夜

いよいよ明日である。
今年の5月1日はどうだろうか?
いつもと同じように暗い時間帯に目が覚めて、部屋の電気を灯して身づくろいをする。
歯を磨いて顔をあげるとそこには随分と窶れ顔の割には目だけはギラギラした老人の顔がある。
一言「よし!」とつぶやき釣りへ向かう道具が収まったパックを右肩に背負う。
階段を下りてゆくと薄明るいフロント前には数名の同じ年頃の顔ぶれが待っている。

20170430a.jpg
⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 21:49| Comment(0) | 阿寒湖のフライフィッシング

2017年04月23日

チャレンジする10番

20170423a.jpg


フライフックの手配を怠ってしまった。
というよりもオーダーが完了されていなくて、自分としては発注済みだとばかり思っていた。
請求来ないなぁ〜なんて思っていたけれど、くるわけないよね。
改めて発注してみれば「欠品中」だって。

でも今回はもともと10番フックのドラワカ巻こうと思っていたから、丁度良かったような気もする。
選択で悩むことが減ったのだから、それは良いことだ。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 19:31| Comment(0) | 阿寒湖の釣とフライについて

2017年04月15日

MinnowとDorawakaとLove

現在の体の状態・・左肩鍵板断裂の回復状況はどうやらあまりよくないらしい。
瀧内先生も「手術でもするかい」とおっしゃる。
「いやいや時間だけはたっぷりあるので、リハビリで気長に」と答える小心者。
5月の解禁には到底間に合いそうもないが僕としては「肩にメスを入れては選手生命が・・・」
と妙に慎重になっている。

まぁ実際のところひと月ほど引越しや定年後の手続き等で保険がなかったことなどリハビリへ通う時間が持てなくて、先生曰く「元に戻っちゃった」そうなのだ。
つまり2月頃の状態に戻ったので、また週一で注射を打ち、リハビリへ通うということだ。
そうはいっても僕が阿寒湖の解禁にいない、というのは阿寒クラブとしても許せることではない。
釣りはともかく、解禁時のドラマなどは画像などで紹介したいと思いせっせとリハビリをします。

ということでフライタイイングの時間を増やしてリクエストの多かったHigeMinnowとDorawaka巻きました。
といっても巻き数は知れております・・指も痺れるんだよね(言い訳)
よろしければWEBSHOPのほうでポチッとお願いできれば、と思います。

20170415a.jpg





⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 19:57| Comment(0) | 阿寒湖の釣とフライについて

2017年04月11日

常に頑張る

もう少々お待ちください。
7p6p5p・・・各3本づつですが・・頑張っております。
この数日「常に頑張っております」
マスターズで活躍するスピースやローズのようなオールマイティなプロ力はありません・・が
優勝したガルシアのようにパットはダメでもそれを補うようなアイアンショットとマネジメント力とスピリットは持ち続けたいと思う私です。

頑張って今日も巻いておりました。
Higeドラワカとミノー・・決して釣人を魅了するフライではないが、
なぜか釣れてしまうような気持ちにさせるフライ・・
早い話が「それらしきフライたち」を作る阿寒クラブでございます。

20170411a.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 21:31| Comment(0) | 阿寒湖の釣とフライについて

2017年04月08日

本格的な始動・・です

引っ越しが終わって一息ついたのもつかの間。
やる事がとにかく一杯有りますねぇ〜、退職者は。
釣り三昧・・なんて夢のまた夢です。

それでもこういった手続きをしておかないと、後々面倒なことになるから
早めにやっておくのが大切なんだと自分に言い聞かせています。

釣りは肩の状態が悪くて来週からリハビリへ通います。
だから釣りへ行く、という気も余り沸きません。
年も年なんだから、今年1年滞りなく釣りができる体とフライを作るのが僕の春の過ごし方です。

20170408a.jpg


ともかく頑張って巻いております。⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 18:29| Comment(0) | 阿寒湖の釣とフライについて