DSC_3989.jpg

2018年10月28日

挫折があるからチャレンジできる

TJAR2018

今年も8月11日から20日予定で行われた
トランスジャパンアルプスレース Trans Japan Alps Race(TJAR)2018

優勝は初出場の垣内選手だった。
昨年まで4連覇中の望月選手は7位完走。

参加者30名中実に27名が完走した。

選手一人一人にドラマはあるだろうが、
僕が今回注目したのは優勝候補の望月選手と3位の近内選手でした。


TJAR2018


TJAR2018 ダイジェスト


望月選手のゴールと引退について




⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:48| Comment(0) | クラブノート

2018年10月25日

もう駄目だ!の先にあるもの

先日TVを見ていた。
『限界に挑め!天空の超人たち 〜激走!日本アルプス・2016〜』
10/23(火) BSプレミアム 後4:00〜5:59 

それはトランスジャパンアルプスレース 2018 (Trans Japan Alps Race 2018)
略してTJARという日本3大アルプスを走破するという2年に一度開催される驚きのレース・・・
こんな過酷なレースが存在していたなんて、ちょっと驚きでした。
走破距離415Km 累計標高差27000mを8日間で走る。実に1日50q超え。
トップ選手は5日間だから83q走ったことになる。

2018年参加選手は30名
今年の放映は
激走!日本アルプス大縦断〜2018 終わりなき戦い〜
[BSプレミアム]
2018年10月27日(土) 午後7:00〜午後9:00(120分)



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 10:16| Comment(0) | クラブノート

2018年10月18日

阿寒倶楽部のFF動画 ACM vol 150 阿寒湖晩秋のフライフィッシングHigeMinnow



秋の阿寒湖のドラワカフィッシング。
チャミングをして賢い鱒との駆け引きFishing・・楽しいですよね。

その釣りの元祖・・とでもいうのかな。
阿寒湖漁協が行う「秋のワカサギ漁」場でそれは始まるのだ。
網上げの際に零れ落ちるワカサギや対象外の小魚、エビなどを湖へ戻す作業を行うと、
それを待ち構えたように船の周りにいる鱒がボイルする。
アメマスやニジマスが行う漁さながらにボイルがあちこちで起こってそれはもう、エキサイティング。

ワカサギが集まりやすい北岸の恩根内付近や大島前、ボッケジカタ周辺の比較的浅いポイントで行われることが多い。
だからそこへ押しかけて行くとこの釣りをすることができる。
一度体験するとこの釣り独特の楽しさにはまり込んでしまうのだ・・僕のようにね。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:05| Comment(4) | Akan Club Movie

10月16日の釣りとURL変更

夜には雪の予報だった三国峠を越えたのは3時過ぎ。
旭岳山頂には雪があり、冬だなぁ〜なんて思うが、
紅葉も終盤を迎えているもののまだまだきれいな秋の景色を楽しむことができました。

でも阿寒に近づくにしたがって雲行きが怪しく、足寄付近では雨になってしまった。
寒い、さむい!
冷えた体を温泉で温めて買い物へセブンイレブンへ行くと
阿寒倶楽部WEBSHOPのユーザーさんから声をかけていただきました。
ジカタで良い釣りをされたそうです。

そう聞くとこれは明日はやらなければ!と思う優柔不断にして休みがたくさんある年金生活者。
予定を変更して車中泊です。


翌朝は見事に冷え込みました。

20181017a.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 10:17| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2018年10月13日

ガイドスケジュール

気温の下がり方を体で感じでいるのですが、阿寒湖の水温はなかなか下がりませんね。
その影響なのかな、アメマスが増えていませんね。
来週には下がる予報もあるから期待しましょう。

さて今年の釣りも50日弱となりました。
ガイド予定も3件ありますが、まだまだ日程に余裕がありますのでご依頼お待ちしております。
20日前の予約としておりますが、電話やメールでの受付も可能ですので検討ください。

また来年4月からの予約も承っております。
4月は十勝川や別寒辺牛川の釣以外にもシムス沼、パタゴニア沼の宿泊付きのプランも可能です。
まずはメールでお願い致します。

阿寒倶楽部guide よりどうぞ

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 14:09| Comment(0) | ガイド