DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2014年08月31日

ドラワカという選択

秋から始まる阿寒湖の釣りは、
産卵遡上のアメマスに変わって湖岸を回遊するであろうビッグレインボー狙いの釣り。
そろそろ始まる(始まった?)阿寒湖のワカサギ漁で網からコボレ落ちるワカサギが岸辺を漂います。
学習しているのか、ニジマスや産卵から戻った大型のアメマスは岸寄りして、
当然のようにこれらを飽食します。
もちろん引っ張っても釣りは可能です。
でも「浮かんでいる」この事実はフライフィッシャーには堪りません。
浮かせて釣りたくなるのが釣り人です。
そこでドラワカが選択されるのです。

岸からわずか数m先で行われる鱒たちのライズ、ボイルはかなり刺激的。
平日であれば、これらの漁場へ出向き、待っていればボイルの中で楽しい釣りが可能ですが、土日は漁が行われません。
そこで、漁業協同組合売店でワカサギの冷凍パックを購入してチャミングをするわけです。
一時的にワカサギ漁を演出することで、潜んでいるニジマスを油断させます。

しかしこの釣り、簡単だと思われるかもしれませんが、なかなかどうして「釣れません」。
本物と偽物(フライ)を簡単に見切ってしまいます。
冷凍ワカサギを巻けば巻くほどに本物をより好みして食べます。
結局ワカサギを食べさせることでメタボなニジマスがどんどん増えて行きます。
嘘だぁ〜と思われる皆さん、試してみては?

20140831c.jpg






さて先週よりこの釣りで使用するドラワカの制作を請け負っており、
大変苦労をしております。
早い話、タイイング自体の技術もこの辺のフライになると、かなりいい加減でしてね。
いい加減でも釣りが成立していたという阿寒湖のありがたぁ〜い環境に今更ながら感謝していますが、
今回は自分以外が使うわけですから、使う人に「釣れそう!」と感じて頂かないとだめなんです。

巻きましたァ〜何十本も。
試作、没、試作、ボツ、試作、ぼつ・・・・もうマテリアルだけがどんどん消費します。
そうして何とか浮かびそうな、釣れそうな、釣り人さんにも釣られてもらえそうなフライが完成・・・なのだろうか?自信はありません。

種類は3種類

@横向きドラワカハイフロート・・ともかくプカプカ浮きます。ボディのフォーム材の厚さが2o。

20140831b.jpg


A横向きドラワカサーフェイス・・薄くで水面に張り付くようなタイプ。
 フォーム材が1o以下。 もっともおなじみのタイプかと


Bミノータイプドラワカ・・僕の最も好きなパターンで、表層を泳ぐタイプ。
 全長6pの短め。

20140831a.jpg


おや?Aの画像がありません。

そうなんです、途中でシリスキンが足りなくなって急きょ、
渋谷の某有名店様より取り寄せております。
完成は来週でしょう。

それにしても釣りにもゆかず過ごした2カ月・・・
考えられん位にフライ離れが進んでいるようです・・・
来月からはルアーマンとして海辺を徘徊するかもしれません・・・

なんてことは全くありません。

そろそろ始まるであろう落ちアユ狙いのシーバスフィッシング。
北の大地のサーモンフィッシング。
そして阿寒湖の釣りも僕を待っているのです。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 10:52| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。