DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2015年09月19日

今日という日

気が付けば9月も後半に入ってしまった。
僕の周りは相変わらず毎日毎日恐ろしいスピードで時間が過ぎてゆく。
カレンダーに久しぶりに赤い文字が並んだ。
今週はシルバーウイークと言うのだそうだ。
敬老の日が含まれているからかな。
土曜休みだと5連休。有給などを24日、25日放りこむと9連休・・まさに秋の大型連休。

21日は敬老の日23日は秋分の日・・間の22日は何の日なのだろう?
国民の休日と言うのだが、これは祝日と祝日に挟まれた場合に休みになる、オセロのようなものらしい。
だからいつもある訳ではなくて次回の大型の秋の連休は2026年にならなければ来ないとのことだ。

まぁそんなことはどうでもよい訳で、僕には大型連休などはなくて、今日明日と22日が休みになっているだけだ。
そんなカレンダーには僕の北海道スケジュールが書き込まれている。唯一心が休まるスケジュール。
いつまでその心の休まるスケジュールを持たなければいけないのか、と思うと気分が少々萎えてしまうが根っからの明るいネガティブ思考の持ち主としては、なんとかなるさと前を向く。

北海道の釣り場も台風も去って雨を残して、少しは遡上が進むのだろうか。
東の釣り場では豊漁年であるサケ釣りが好調だという。
追いかけるようにアメマスも昇ってくる頃だな。
大河の釣りも止水の釣りも海の釣りもアメマス中心の僕ではあるが、北海道から離れた目線にはアメマスはぼんやりとしか見えてこない。
トラウトのフライフィッシングの釣りはヤマメ、アマゴ、そしてイワナであり、大型はニジマスやブラウンなのである。海へ目を向ければシーバス。
やはりそういう釣りもしなくてはいけないと思い始めている。
北海道へやってくる釣り人が、日々どのような思いで釣りをしているのか、どのような目線で北海道を見ているのか、そこを知らなくては本当の北海道の釣りの素晴らしさも自分勝手なイメージで終わりかねない。

こちらへも釣り道具の一部を移動しようと思う。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:05| Comment(0) | Club Note
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。