DSC_3989.jpg

2015年09月20日

明日に目を向ければ

海のフライを巻いてみた。
シーバスを狙う為のフライだ。

20150920a.jpg


まぁどこかで見たようなフライであります。
猿払のイトウ狙いのフライと基本は同じで、フックをsalt用のステンレスの8番に変えただけ。
サーモンフライも基本は同じだが、光ものを多めにトッピングしている。
salt用のフライでは基本マラブーはあまり使用しないことが多いようであるが、僕はあまり関係がないと思っている。
何をプラスして何をマイナスするというレシピ自体はその日のさじ加減。

20150920b.jpg


ただし、このフライを使うためにはクリアしなくてはいけないことがあるんだよねぇ。

目覚めは5時。

体の立て直しをするために、小田原の少し先までポタリング。
そうは言っても片道10Kmをしっかりと走ります。
連休の為か車が少ない。車道の狭いこの地の道路事情では嬉しい誤算。
今日は海沿いのロード
帰りに小田原の漁港へ寄ると沢山の釣り人がいた。サビキで小魚を釣っているのだという。

20150920e.jpg


少し狙いの違う釣り師と話をした。
「シーバス釣れますか?」
「たまにね」

20150920d.jpg


手前を流れる川にも釣り師がいたけれど、この川のほうが僕的にはあっているように思う。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:13| Comment(2) | 海のFF
この記事へのコメント
  takeさんこんにちは。
 18日、会社の現役社長が急逝するという事態で、大変なことになった!?と思いつつも新聞社という特殊な企業は休むこともなく、発刊を続けています。
 この事態の前、9、14日と半年ぶりに茶路川に行ってきました。今年はサクラマス先行、サケが後追いでアメがラストを飾って中流に居ました。50p級スレで1、口を使って1匹でした。10月は産卵期なので一休み。
 道東に限られた情報ですが、少しずつお知らせしますね。
Posted by マル at 2015年09月23日 10:49
マルさん、こんにちは。

秋のアメマスシーズンですね。僕は基本的には9月以降は音別や茶路の産卵河川でのアメマス釣りはしませんので、できましたら大きな釧路川や十勝川の情報を(笑)

この数年音別や茶路もあまり思わしい釣りができていないようですね。産卵する大きな個体が少ないというのは心配ですね。

来月は僕も道東を闊歩する予定です・・狙いはアキアジ・・もう遅いかな。

寒くなってきますからマルさんも風邪などひかないようにね。
お互い年なんだし(笑)
Posted by take at 2015年09月23日 18:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。