webshop.jpg

2016年07月23日

2016阿寒湖のフライフィッシングシンコの釣りACM vol 108



108本目とは縁起がいい・・ような気がするのはなぜ?

阿寒湖は7月の名物「シンコの釣り」
ボイルやなナブラに遭遇することはなかったけれど、それなりに楽しい時間を過ごせました。
毎回叫ぶけれど

やっぱり 阿寒湖 サイコー!



先週のことです。
釣師の時間はどこか異常で目が覚めたのは3時前。
この日の日の出時間は4時前後。
少し早すぎたようだね。
PCの電源を入れて天気予報を見ると9時くらいから雨予報でこの時間は曇りだった。
何とか釣りはできそうだと思った。
3時30分にはウェーダーに着替えて外へ出た。
ミストのような細かな雨が落ちていた。

ボッケまでの湖岸の道をクマよけの鈴を鳴らして歩くと
釣への気持ちが昂るのがわかる。
ましてやシンコの釣り・・ナブラの釣り・・ボイルの釣りが待っているのだからね。

シンジュ湾へ着くと釣り人一人見えた。
今朝ほど駐車場で会った釣り人だ。
カメラをセットして釣り始めたのだが、今年はライズが少ないしナブラは全く見つからない。
岸際にはシンコはいるが数が今一だなぁ〜。
それでも小さいながらライズは何個か定期的に起きているから釣りは大丈夫だろう。


ファーストヒットはライズの先へキャストしてフライを引いてきてそろそろティップを起こそうかとした時だった。
ズッシリそした重みで大きなアメマスだと分かった。
リールへラインを巻き込んでみたが、幾度となくラインが引き出された。
5分ほどしてランディングネットに収まったのは62p・・いきなりの60オーバー。

残念だったのは、今回はライズの範囲が広くてそれに合わせて動くものだからヒットシーンが映せなかったことだ。
僕は何よりヒットシーンが大好きだ!途中のファイトやネットインはどうでも良いのだ。
ましてやバレたって気になりません。ヒットシーンが命なんですから(笑)
僕のムービーを見ているとそれがよく分かってもらえると思う。
だが、今回はそれが一つも撮れていない、6本も良いサイズをヒットしてキャッチしたのに(珍しくバレなかった)
そんな物足りないムービーではありますが時間があればどうぞ。


posted by 阿寒クラブHige at 10:13| Comment(0) | Akan Club Movie
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。