webshop.jpg

2016年10月04日

阿寒湖秋のトップウォーターフィッシング

秋の釣りはたくさんあるが
僕にとっては10月の釣りは阿寒湖のトップウォーターフィッシング!

ワカサギを模したドライフライで湖岸を回遊するニジマスや産卵から戻って荒食いをするアメマスを狙うのだ。
数こそ釣れないが、釣れる鱒の体躯は素晴らしくそのファイトには度肝を抜かれる。
餌を貪り食うことで鱒の体は急激に変化して太く強い体となる。
50pといえども侮るなかれ、3Xくらいならぶっちぎってしまう。
さらには同じ場所での釣りが強いられることから、疑似餌であるフライはどんどん見切られる。
学習してゆく鱒は日に日に釣り難くなってゆく。

20161004a.jpg



そんな釣りへ今年も無事に行くことができた・・・でも仕事の都合で1日だけ。
実にこの数年は僕の釣り人生にとっては「試練」なのである。
毎月、毎週のように釣り場を徘徊していた僕が釣りへ行けるのは2か月に1度。
でもこればかりは愚痴っても仕方ない、自分が選らんだ道だもの。

ここは「持っている釣り師」の本領発揮と行きたいね。

20161004d.jpg


まだ今年は紅葉が遅いようで森の色も変化が少なかった。

20161004c.jpg


朝からボッケジカタを釣ったけれど、コンタクトもない状態。
僕としては巻いて釣るのではなくて、ワカサギ漁が行われている周辺での釣りを目標としていたけれど
今日は北岸でした・・・さらに今日は渡船業務もお休みしていたようで
一人寂しくフィッシングランドで待ちぼうけ。

諦めて午後からはボッケへ。
すでに朝からの釣り師はだれもおらず・・厳しかったようですね。
2時間ほどやっても期待のトップウォーター「HigeMinnow」には見に来ても
食われることもなく、結局HigeFlyストリーマーを引っ張って1本。
50くらいだったけれど強い個体でした。

諦めて帰り支度をしていたらドッドッドと漁船の音。
待ちに待ったワカサギ漁がジカタへやってきました!
この時間に?と思うものの期待が膨らみます・・持ってる男は。

20161004b.jpg


それにしても阿寒湖の漁師はきびきび働くよ。
阿寒のマスターも基本は漁師、船から船を飄々と飛び歩く。
見ている僕のほうがハラハラしちゃうよ。

そしていよいよ漁船が去ってプライムタイムの始まり・・・・始まり・・始まらない?
向かいで釣っていた館長に確認したら
網を上げているときにはライズしていたけれど、急に静かになったって・・・
結局ここでも最後に引っ張ってオチビチャンをキャッチしただけ。
「持っていたであろう釣り師」が「手ぶらな釣り師」へ変わった時でもあった。


しかし阿寒湖はやっぱり素晴らしいと思うのだ。
釣りは一期一会・・一つとして同じ日がないのは僕も同じだということ。
難しさも釣りの一つ・・来年そこは良い釣りを。

昨年に比べると、秋が遅い感じ。
水温も高くてニジマスが岸よりしていないし、同時にワカサギも少なめ。
本番はこれからじゃないのかと思う。
気温が冷えたら狙い目かな・・明日は冷え込むみたいだし。
ということで寒い日にはHigeMinnowとHigeDORA持って阿寒湖へ行きましょう。

さて今年の僕の釣りはほぼこれで終了した感じです。
来年まではタイヤーとして阿寒湖のフライを巻きたいと思います。
今回は東邦館館長と今の阿寒湖で使われている「有名どころのドラワカ、ミノー」を比較してみました。
館長からはHigeMinnowは鱒からの反応はすごく良いとお褒めの言葉も頂いたし、
僕自身も出来栄えも含めて鱒からのコンタクトには満足してます。
同時に改善点も見えてきました。
さらには新しいドラワカのアイディアも浮かびました。

ムービーのほうはファイルを確かめて使えそうであればアップしたいと思います。
それにしても眠たい・・往復で睡眠時間は4時間・・還暦釣り師にはきついですわ。




posted by 阿寒クラブHige at 19:06| Comment(4) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
こんばんは、田中です。
昨日は突然話しかけたにもかかわらずお話しして頂き有難うございました。
昨日は河原さんが移動した後もずっと同じ場所でやっていたのですが、十時頃になって雨が強くなって誰もいなくなり移動しようとした所、湖底の石に足をとられ転んで背泳ぎをしてしまいました
さすがに上半身びしょ濡れになり釣りをする意欲も無くなり切り上げました
足腰の衰えを感じざるを得ませんでした。
再来週には又阿寒湖に釣行予定です。
今年はこれが最後の阿寒湖釣行になるかもしれません。
Posted by 田中 裕雪 at 2016年10月04日 20:37
田中さん今晩は。
背泳ぎですか・・またあそこはずいぶんと底石に藻が付いていて滑りやすかったですね。
僕も今はウェーディングスタッフのお世話になっています。

後から聞いたのですが今年はボッケ周辺にニジマスが少なくアメマスが多いようでした。寒くなるこれからが本番かも知れませんね。
再来週・・良いのでは!

また見かけましたらぜひ声掛けてください。
Posted by Hige at 2016年10月04日 21:22
 こんばんは。

 2016/10/3の午後にこちらのポイントで館長と一緒に釣りさせてもらっていた者です。前日に東邦館でドラワカも1匹プレゼントしてもらいました。

 大阪から来たフライフィッシング好きのブロガーと自己紹介したと思います。

 残念ながらHigeDORAでは魚を掛けれなくてかなり悔しかったです。フライが悪いわけではないのは館長お墨付きですし、チャミングもしたのに釣れなかったのは私の実力の無さかと…。

 別れたあのあと、漁船の音に気付いて戻ってこられていたのですね。いや、戻ってロッド振らなきゃ、フライフィッシャーじゃないでしょ。

 またそのうち北海道にリベンジしたいと思っていますので、出会ったらその時はよろしくお願いします。
Posted by たっくん at 2016年10月08日 20:14
たっくんさん、こんにちは。

あの日はタフな1日でした。
船が向って来た時には「小躍り」しながらジカタへ戻りましたが、結局引っ張って小さな1本をキャッチしただけで、ドラワカは不発でした。
残念でした・・また来年リベンジしに阿寒湖へいらしてください。

Posted by Hige at 2016年10月09日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。