webshop.jpg

2017年02月12日

その後の断裂具合

まぁどうでもよいことであるが、
その後の断裂はもちろん回復するわけもなく、
いそいそと業務の合間にリハビリをしております。
リハビリのイタキモチヨサ・・痛気持ち良さ具合はなんと表現するとわかってもらえるだろうか。
まさに「かいかぁ〜ン」なのである。
反面、朝方の肩の痛さは目覚まし効果抜群で、スマホに頼らなくても5時には目が覚めます。

1-DSC02230.JPG


気がつけば世間は雪まつりも後半。
人・・人・・人・・人・・を想像してすこし憂鬱な気分であったが、
意に反して大通界隈や地下鉄もそれほど混雑した状況とは感じなかった。
今年は来場者数が少ないのか?
海外の・・特にアジアな方々が少ないのかな?などと思ったり。
アジアの国々でも近年は雪まつりや氷の祭典が催されているから少し落ち着いてきたのかな?
と勝手に思ったりする。
きっと終了後は昨年比102%でしたぁ〜・・などと発表されたりして。
だとすれば、公表されるどこぞの会社の達成率に似ている・・・
などと自分勝手なイメージをアップしてしまうものだからフェイクニュースが世に溢れるのだろう。
桑原 くわばら・・これ知っている?

それはともかく画像の「ジンくん」
空知ジンギスカンのたれッ!でおなじみの「ジンくん」である。
雪まつり会場の一角にある店で買い求めた。
北海道人にとってはごくごく標準装備なタレであるが関東地区にはもちろんない。
ジンギスカンをたれにつけて食べる、というのも基本は非常にすくない。
これは北海道の食べ方なのである。
僕が行くスーパーで販売しているジンギスカンは当然たれつきパッケージのみ。
だからこの「たれ」は必要がないのだ。
しかしこの「たれ」、焼き肉や鶏のから揚げベースにしても非常にうまい。
「ジンギスカンのたれ」から「ジンくんのたれ」にでもすれば普通に売れるのではないか?
いやいやジンくんは「ひつじ顔」だし無理があるかな。

僕は職場の同僚でジンくんのファンへのプレゼントとして購入したのだが、
売り場で聞いたところ、結構北海道外の購入者が多いそうだ。
ジンくんはキャラクターとして人気があるそうで、本家のたれよりもはるかに有名だそうだ。

そうなのかと、納得して鞄にジンくんを押しこんだ僕の後ろでは、
例のアジア―な国の一行が楽しいんだか、怒っているんだか分らんがひと騒ぎをしていた。
どうせならジンくんを爆買いして売上102%に貢献して欲しいものだ。
posted by 阿寒クラブHige at 18:19| Comment(0) | クラブノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。