webshop.jpg

2017年02月20日

ユスリカについて

ところで阿寒湖で言うところの「ユスリカ」のフライについては
世間で言うところの「ミッジ」とは若干だがイメージが違う。
特にサイズについてのことだが、阿寒湖のやつは・・北海道全般も同じ感じ
大きい・・サイズにしたら2cmから3cmくらいある。
通常のサイズが5mmから1cmくらいだから倍はある。

湖に浮かんでいるやつも視認性が高く「食われる瞬間」までわかるような個体が多い。
川なんかでも流れてくるやつを捕食する間際まで見ていることが多い。

20120602a.jpg
夕方のスーパーハッチの時間帯には湖面には無数の黒い点が浮かんでいて、
それこそ自分のフライがどれなのかわからなくなることが多い。
釣れちゃった、よりは 釣った!というイメージを求める僕は
フライの視認性がもっとも大切で、
食った瞬間と合わせたタイミングを目で捉えることがこの釣りの「全て」だと思うのだ。

だからサイズが合わなくて見切られた、というような細かなことは気にしないようにしている。
3回見切られたくらいで気にすることはない。
アメマスは無数にいて、大きなユスリカしか食べないやつだっているわけだから。
僕のフライを食ってくれるアメマスを待つのも良いし、
いざとなったら無理やり食わせてしまえばよいのだ。

もっとも良く使うのがレネゲイドタイプのアトラクター的なドライフライだ。
10・12番フックに巻いている。
朝から日中はほとんどこれで釣りをしている。

20120602yusurika1.jpg


夕暮れのスーパーハッチが始まると、ドライフライよりも水面直下がにぎやかになる。
そんな時にはフローティングのピューパを使う。

ac090706d.jpg



昔はソフトハックルを引っ張って釣ることが多かったが、
やはり表層の釣りは目で釣りをしたいと思うようになったのだ。

そんなこんなで僕のお勧めフライはレネゲイド・・でもWEBSHOPでは実際にはあまり売れません。
売れるのはピーコックボディのFピューパ。
少し残念だけど、おもしろい釣りが出来るんだけどなァ−


posted by 阿寒クラブHige at 08:48| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。