webshop.jpg

2017年05月04日

阿寒湖解禁・・その後

実は情報は全くなく・・といういよりもそこに興味が向かなくて。
阿寒クラブという名を返上する時期が来たのかもしれません。
誰に返上するのか?ねぇ。

それはともかく

阿寒湖きれいに解禁してすべてのポイントへの渡船は可能とのことでした。
となればグッドな釣果は期待できますね。

僕も意を決して来週には阿寒湖へ走ろうかと思っております。

ところで肩腱板断裂・・どういうことかというと

20170504a.jpg



つまりこういう状態なのです。
左肩が180度になりません。110度くらいで止まります。
これ以上は人の手を借りても上がらないのです。
同時に肘を90度にしてお腹の前で左右へ振ると左肩に激痛が走ります。
ウーム!

リトリーブは一応できそうな気配なのです。
高速は厳しいけれど緩めのショートストロークであればいけそう・・な気がする反面、
ダブルハンドなのでシュート時の左がきっちり止まるかな・・痛そうな気がする。
ともかく次週のMRI検査次第で判断をしたいと思います。

久しぶりに聞いた阿寒湖桶屋氏の声は渡船途中のハリのある声でした。
次週は宜しくお願い致します。
posted by 阿寒クラブHige at 09:22| Comment(2) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
 takeさん、こんにちは。
そこまで悪化していたのですね。フライにとってはきつい状況が伝わります。でも行きたい…でしょうね(笑)。
 私もMRIの結果、脊椎管狭窄症のお墨付きをいただきました。その上、「加齢もあって直りません。後は上手に付き合っていくしかないですね。痛みや違和感を感じたら来て下さい」と過酷な宣言を受けました。腰から上が右斜め前に傾いたまま、数百b歩くと腰を伸ばして…。それでも昨日も約1キロ、1時間の釣りをしてきました(ボウズ)。
 お互い病気?とは上手に付き合いながら釣りを楽しみましょう。
Posted by マル at 2017年05月05日 11:31
マルさん、こんにちは。
脊柱管狭窄症・・これも失礼ながら加齢者に多い病ですね。僕もおそらくは予備軍だと思います。手術という手もあると思いますが、我々にとっては麻酔のほうが怖いかもしれませんね。
まぁお医者さんが言うように「うまく付き合う」しかありません。マイペースでのんびり行きましょう。
Posted by take at 2017年05月05日 11:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。