DSC_3989.jpg

2017年05月31日

モンカゲの準備始める

今年のモンカゲロウの釣りはどうだろうか?
昨年の好調を思うと、今年はスーパーハッチが見られるように思うのだが。

妄想でも、夢でもいいから、あの「静寂な喧噪」に再び身を置きたいものだと思う。
おそらく人それぞれのスーパーハッチがあるだろうが、
誰よりも自分が経験したハッチこそスーパーであると疑わないのが釣師である。
しかしできればそれが間違いであったと思い知らされる程にスーパーなハッチに出会いたいのも本音である。

そんな希望に燃える燃える僕のフライがこちらだ。

モンカゲダン-3.jpg




ロッドはシングルの5番か6番で9フィートくらいがちょうどよい。
湖のフライフィッシングは遠投が有利な時が多いが、モンカゲ時期だけはそれが違ってくる。
モンカゲのハッチ場所は限りなく岸に近いことが多い。
当然釣のレンジも近いし、何よりスーパーハッチは手返しこそがとても大事なのだ。

始まりはフローティングニンフで釣り始めよう。

モンカゲFニンフ6-2.jpg


日が傾きだす頃、さらには夕暮れを迎える頃にはダンのシルエットが湖に浮かぶ姿は美しい。
そしていよいよスーパーハッチの始まりだ。

この景色に出会うと釣りをするよりもこの情景をカメラに収めることに夢中になるんじゃないか?
と僕は思うのだが、釣師はそうはならないのである。
自分のフライが本物と判別できなくても、浮かばなくなって沈んだ状態のダンを引っ張てでも「次の1本」を釣ろうとするのだ。
浅ましい?いやそれが釣師の本能なのではあるまいか。
スーパーハッチが一期一会であるように、その時の釣もやはり一期一会なのだと釣師は知っているのだ。

柄にもなく気取ったことを書いてしまったが、
僕の目の前で今年こそはスーパーハッチがあるように、
北岸でもモンカゲの釣ができますように、
と願うばかりなのです。

そんな準備の第一歩はモンカゲのフライですぞ!
阿寒クラブWEBSHOPのドライフライはこちらから

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:31| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。