DSC_3989.jpg

2017年08月29日

東北釣行・・始まりが雨なら終わりも雨。

今日で東北・甲信越の初の釣行が終わる。
と書いても釣行は本日1日のみであった。
移動日はともかく翌日からの豪雨は東北河川に及ばず
秋田、新潟、山形、長野の河川も増水させてしまい、釣りをするには2日ほどの落ち着きが必要だった。
毎日、横を流れる千曲川の流れを恨めしげに眺めては、真田の町へ出かけて支流を覗き込む。
オリーブ色の増水川を見てはため息・・気温は30度もあるのに。

結局、僕がいられる2日間はあっという間に過ぎて、昨日の移動となってしまった。
しかも、移動先 秋田 小坂の天気も雨予報であった。

20170829c.jpg



前日は道の駅で仕入れていた日本酒を飲んで10時に爆睡。
目覚めは4時。
そこから200kmを走って鹿角の小坂町へ着いたのが7時。
由利本荘あたりではバケツをひっくり返すほどの大雨にあたったが、
幸いにもここはもやに包まれているが雨ではなかった。
何とか早めに釣りをして雨前には終わらせようと思った。
釣り券を購入するべく街中を右往左往するが看板が見当たらない。
ネットで探しても出てこない・・・参ったなぁー
1時間ほど探しても見つからないので、近所の酒屋へ入る。
「向かいのスポーツ店さんで扱っていたはず」と教えてもらってそこへ。
「実は昨年から釣り券は廃止になったんですよ」
「遠慮しないでガンガン釣っちゃてください」
これまた「えっエー」であった。

それではお言葉に甘えてがんがん釣らないと。
すでに濁りのある街中はあきらめて上流へ向かった。
ウインドウには雨粒が落ちてきた。

20170829a.jpg


橋から眺めたポイント。
入りやすそうで、石が沈んでいるし、若干増水気味だけどいいでしょ!

橋の下へ向かうとなんとその前がよいポイント。
慎重に準備して静かに進む。
良さげなポイントへ流すこと6回ほど。

20170829b.jpg


出ました、美形の大山女。
サイズは未計測だけど8寸から9寸てな感じでしょうか。
ヒットしてからのロッドの曲がりと腕にくる生命感は格別だった。

その後も少し場所を変えて小ぶりな色白山女をキャッチ。

雨の中堰堤を越えて釣りあがったのですが、上流から下ってくる軽トラ発見。
すでに叩かれた後のようです。
つまり僕が入った橋下が唯一の叩かれていなかったポイントだったようです。

というわけで今回の釣行は3時間ほど、11時には終了しました。
青森県へ移動して、山奥の温泉で休んで昼食を食べました。
フェリーは明日の朝を予約しているので、今日はターミナル付近で車中泊です。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 18:23| Comment(0) | その他のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。