webshop.jpg

2017年10月23日

HigeMinnowとDorawakaVのフック接続

今年から販売を始めたHigeMinnowとDorawakaV。
自分で使って「これはイイ!」と感じております。
フッキングがしっかりできる。
普通ならば「弾かれ」そうな吸い込むようなバイトにもしっかりフッキングします。
テール寄りのフックは追い食いにも良いです。
そしてファイト中のバレが非常に少ない。

そんなタイプVですが
チューブフライに慣れていない釣り人から
「どうやって取り付けるの?」
というお尋ねもありましたので

取り付け方法について以下お知らせいたします。

構成1.jpg


構成2.jpg


構成3.jpg


構成4.jpg


いかがでしょうか?

本体チューブは内径が1o外径が2oを使用しています。アシストチューブは内径、外径がそれぞれ2o、3oです。
キャスト時にも外れることがあります。
外れてキャストした場合にフックがボディに絡まったりすると、鱒には違和感を与えるようで、見切られることになりますので、見切られることが何度もあるときは本体とフックの確認をしましょう。

アシストチューブは差し込むだけの簡単な接続なのでフッキング時には本体とアシストチューブが外れます。
このアシストチューブが外れることでフッキングが良くなって本体の損傷が減ります。
したがってあまり強固な接続はしません。

またアシストチューブが切れてなくなることもあります。
そんな時は内径2oのポリチューブかシリコンチューブをモノタロウやAmazonなどで探していただけると見つかると思います。
シリコン素材であれば伸びるので本体チューブと同じ2mmでよいですが、プラスティック系統であれば3oが良いです。
シリコンチューブの欠点は柔らかいために、フックが下がり気味になることです。どちらかといえばボディと並行のほうがヒット率は高いように思います。
少し硬めですが本体と同じ素材のチューブの2o、3㎟を使用したほうが角度の維持はできます。

阿寒湖の釣も11月いっぱいです、ドラワカゲームもこれからが最も楽しい時期です。
そして「難しい」状況も増えるでしょう、そんな時にぜひこのフライを使ってください。
浮かべておいても、動させて誘ってもバイトを引き出してくれるはずです。

今年はまだまだこのタイプは「試験運用」で時々改良を加えての販売でしたが、
来年度はこのフライを中心に巻こうかと思います。
さらにアイディアを詰め込んだタイプWも検討中です。

アイディアを考えていたせいかな、昨晩は夢の中でもMinnowが泳いでいました。



posted by 阿寒クラブHige at 18:27| Comment(4) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
いつもblog楽しく拝見してます。
このミノーを使用する際はフローティングラインを使用すると思いますが、リトリーブする際は引き波が立つと思いますが、そのような使い方で宜しいのでしょうか?
それともインタミなどで引いて、水面直下を引くような感じでしょうか?
Posted by 素人釣り師 at 2017年10月24日 13:17
こんにちは。
フローティングラインで問題ありません。
リトリーブスピードも様々です。
スローに引いてストップかけたり、ストリーマーと同じように引いたり、時には早引きしたりします。
Minnowの場合は作り手によってテールの形状が違います。
多くのフライはテールがありませんが、私のフライをあえてテールを縦型につけています。
これによって引くとフライはジグザグに動きます。
少しトリッキーな動きが入ります。
これもアピールの手段だと思っていますが、考え方は人それぞれなのでどのように使うかは使い手によるのでは!と思っております。
このフライは表層で使うフライです。

余談ですが、私は基本的にストリーマーでもフローティングボディラインです。
せいぜい使ってもシンクティップですね。
相当に風が強く波立っている場合にインターボディを使うくらいでシンキングラインは使いません。
阿寒湖は水深が浅い湖なのでフライを沈めるのに時間をかければフローティングラインシステムでもアメマスの泳ぐ層へ届きますよ。
考え方もシステムもシンプルにしたほうが、釣りも簡単になります。
Posted by Hige at 2017年10月24日 14:19
河原さん、こんばんは。
今日の阿寒湖はかなり暖かくてボッケまで歩いただけで汗だくになるくらいでした。
寒さの備えてそれなりの準備をしていったことがアダとなってしまいました。
今日は無風ベタ凪状態でお魚さんからの反応は全くありませんでした。
ボッケから小島前に移動しましたがライズはあるもののワカサギフライには無反応、お魚さんは一体何に反応しているのでしょうか?
せっかくフライの反応をお知らせするつもりが何にも無しになってしまいました。
申し訳ありません。
Posted by 田中 裕雪 at 2017年11月07日 19:26
田中さん、こんばんは。
ありゃ残念でしたね。
もうワカサギには飽きてしまったのでしょうか。
ライズがある、ということは何かしら捕食対象があるということですよね。

ただ、日が変わると簡単に出る場合もありますから、たまたま、ということにしましょう。

もしかすると

フライが悪かった?・・どうしましょう

Posted by Hige at 2017年11月07日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。