webshop.jpg

2017年11月09日

始まりのフライと終わりのフライ

正確には「1年の始まるフライボックスと1年の終わった時のフライボックス」の中身は?という意味でございます。
あることが理由で僕のフライボックスの中は大きく変わった。
以前はC&F DESIGNのアイボリーケースにはストリーマー。
ブラックケースにはシーズンによって多少は変わるがだいたいはユスリカ系統のウェットやミッジドライ、
時にはモンカゲダンやニンフという感じで概ねこの二つのケースで阿寒湖の釣から川や沼の釣を楽しんでいた。
それも「これでもか!」というくらいにギシギシに詰めた状態で、
釣りから戻ればすぐの補充巻きするくらいにね。
随分と入れ込んでいたんだなぁ〜と・・・

これは今のアイボリーのケース・・つまりストリーマーボックスだ。

20171109a.jpg



随分とスカスカしているフライボックスではないか?
全部で3面のケースのなのでもう一面はこんな感じだ。

20171109b.jpg


この面は使用したフライが収まっている。
以前は一度使用したフライは少しでも?と思うと使えるものでも始末し補充していたから、
シーズン最後といえども僕のフライボックスがスカスカすることはなくて、
いつでも釣りには行ける状態のボックスをジャケットに忍ばせていたんだ。

実はこの画像のフライボックスは今年の春先4月にこの状態で使用をはじめた「始まりのフライボックス」
そして今11月の「終わりのフライボックス」でもあるのだ。
この中で補充したのは6本。
うち中間のリフィルにある4本のショートシャンクのHigeFlyストリーマーオリーブ&レッドは10月のガイド時にどこかの川でアメマスのルースニングに使用するために巻いたフライ。
実際には川へ釣りへ行かなかったのでそのまま使用されないままここにあるのだ。
だから実際の補充は2本。
実は僕のフライは自分で言うのもなんだが、とても丈夫だ。
1本のHigeFlyストリーマーで20本くらいは平気で釣れるし、反応が弱くなれば色やサイズを変えて同じように釣れる。
冗談?自慢?と聞こえるかも知れないが1日3本もあれば必要十分なのだ。

そしてここからがとても大きな理由なのだが、
僕が使うフライライン・システムも僕のフライ消費にも大きな影響を与えているのだ。
以前はシンキングラインを使用していたことで根係も多く、
フライをロストする原因はフライそのものが壊れたりティペットが切れたりするよりもはるかに根係ロストが多かった。
阿寒湖ではそれが顕著だったね。
切れない様にとティペットやリーダーを太くすればそれこそロッド破損やフライラインのロストも考えられたからあまり強くはできなかったしね。
フローティングボディのラインで釣りをすることでフライロストが大きく減ったのだ。
僕が1日の釣でフライが3本あれば!ということも冗談ではないのだ。
沈めたければビーズヘッドを使えば良いし、さらに沈めたければシンクティップという便利なリーダーも沢山市販されているしね。
また年寄りは気が長いから沈めるカウントダウン時間が多少かかっても空を眺めたりしてのんびり具合が丁度良い。
ボックスには1シーズンにストリーマーフライは10本もあればお釣りがくるわけです。

それであればどうしてWEBSHOPの在庫がなくなるのかって?・・聞こえてきそうな(汗)
そうなんですよね、巻く時間なんて昨年に比べればはるかに多い、なのになぜ?

ほら、作り置きすることではハックル系天然素材の場合は劣化(ストークが簡単に落ちる、抜ける)があるかもしれないしさ、購入してくださる釣師の皆さんには「新鮮なフライ」届けたいじゃないですか!ねぇ

心の声:「まぁ発注数が読めない(全くお恥ずかしい限りです)から作り置きするのも危険だし」ようは腰が重いのだよ・・
余談だが、稀に発注が集中する時期があって、そん時はうれしい悲鳴を吐きながら腰が痛くなるまで座り巻き続けております。

そんなHigeFlyですが、お陰様でリピータ様からの発注が非常に多かった2017年でした。
来年こそは、この約3年の実績をもとに月ごとの販売数量ベースに在庫維持してゆこうと思っております。
特に増えてきましたMinnowやDorawakaは素材確保が特に重要なので「気合を入れて」確保をしております。
宜しくお願い致します。

おいおいもう今年も終わりみたいなエントリーだね?

いえいえ、このフライボックスにはもう少し活躍をしてもらう予定です。
来年のガイド用に今年行けてなかったと「あそこ」や「ここ」を回る予定で昨日よりうろうろしております。
今日はとりあえず前哨戦なので車中で・・・

20171103h.jpg


ただいまHigeFlyはモンカゲ以外は「満充電」です。
よろしければいかがでしょうか?眠らない北海道の釣の御供として!

FLY FISHING WEB SHOP 阿寒クラブ

とSHOP名を変えました・・・大した理由はありません。

※ブログのWEBSHOPのヘッダー画像変えるの忘れてます・・そのうち・・頑張ります。
posted by 阿寒クラブHige at 23:25| Comment(0) | 阿寒クラブWEB SHOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。