DSC_3989.jpg

2017年11月23日

湿原の小さな川でアメマス釣りACM vol 129



移動の途中で橋があった。
何気なく覗くとおびただしい数のアメマス。
ヒラを打つわけでもないので産卵遡上とは雰囲気が違うなぁ、と思ってしばらく見とれていた。
橋の上からだとサイズがよくわからないのでロッドを抱えて(?)橋下へ降りた。
フライをキャストするとすぐに反応する。
釣れたのはアメマスの30p・・釣れども釣れども30p・25p・・
それもみんな痩せている。



10本くらい釣ったところでこれ以上やっても同じようなものしか釣れないだろうなぁ〜と思たので釣りをやめて橋上に戻って川底を見た。
先ほどまで群れていた個体がいなくなっていた。
まさか30分くらいで荒らしてしまったのかな?なんて思っていたら
少し白くなったサケが何本か上がってきていた。
サケが入ってきたのでアメマスは散ってしまったようだ。
ビデオで追いかけてみると、サケの後ろのほうに黒い塊が見えた。

アメマスはサケの卵を狙っていたのだ。
それにしても痩せたアメマスだった・・今年はサケが少なくて卵を食べることができていないのだ。
サケだってせっかく産み付けた卵をアメマスに食われてしまうんじゃやるせないよなぁ〜。

そんなアメマスを釣ろうとするHigeの釣師、
偉そうなことを言える立場でないなぁ〜と思いつつもサケとアメマスの復活を切に願うのございます。
posted by 阿寒倶楽部 Hige at 09:55| Comment(0) | Akan Club Movie
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。