DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2017年12月07日

洞爺湖の釣2017年12月

函館からの帰り道、利別へ寄ろうか洞爺湖へ寄ろうか、はたまた長万部でアキアジ釣・・
選択肢はどれも決定力にかけ正直なところ魅力的とは思えなかった。
日中でも-気温という寒さ理由もあるけれど利別以外はあまり状況もわからないことが躊躇させるのだ。
ダラダラ下道を走行していたら八雲を通り過ぎてしまった。
長万部では旧本流の橋下にサケの小さな群れが見えた。

結局は温泉があることが決め手となって洞爺へ向かった。

20171206a.jpg





湖岸の豆腐屋で1200円の遊漁券を購入する。
一説には淡水漁業の増殖義務を怠って放流などの活動をせずに、農業業務が片付く冬場の小遣い稼ぎ程度の業務の一つとして遊漁券を販売するだけの漁協であると聞いたこともあったが実態は僕にはわからない。
確かに洞爺漁協HPを見る限りは何も伝わることはないように見える。
放流活動にしても2011年のサクラマスが最終のようだしね。

それでもこれだけの大きな湖で流入する河川もあるのだからニジマスやサクラマス、アメマスがいることは間違いないわけで、釣りの対象湖としては支笏湖よりも有望なのではないかと思うのだが。

だからと言って釣れるわけではないけどね(笑)
強風で時折雪がちらつく中、2時間ほど釣りをしたが、
あたりはおろかライズなど鱒の標は何も見つけられないまま釣りを終えた。
熱がない、こういう惰性の釣はするもんじゃないね。

次回は冬のサーモン釣を目論んでいるが、
どちらかといえば本当の目的はとある料理店での食事だったりする。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 08:52| Comment(0) | 北海道のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。