DSC_3989.jpg

2018年03月18日

蔵王町澄川の釣り

今日は4号線沿いの新しい道の駅で目覚めた。
道路沿いだからトラックの通行量も多いのだろう、相当に「ウルサイ」
おまけに隣のキャンパーはエンジンかけて止めている、あまりにひどいので「○☓△!」と吠えたら止まった。
あたり前田のクラッカーよ!…分かるこれ?

不快な夜を早々と切り上げ朝からやってる温泉を探すと、ありました。
またこれも素敵な里山の中の一軒宿「鎌倉温泉」といいます。

IMG_20180318_081131.jpg



この温泉についてはまた別の機会に。

その後 遠苅田温泉に戻ってコンビニで遊漁券を購入。900円でした。
下流から釣り始めたが、全くと言っていいほどに反応がない。
石をひっくり返すと少ないが水生昆虫もいる。
更に移動して上流を釣り上がったが反応がない。
大きな堰堤まで釣ろうかと思って歩くと視界に人が降りてくるのが見えた。
歩み寄って話をすると、彼はリゾート地開発会社の人間だった。
彼が言うには、この川は酸性水なので魚は住んでいないし過去にこの川で魚が釣れたことなどないのだが
もしも釣れたのなら大変なことだと言う。
釣れないしなんの反応もないと伝えると納得したようだ。
おまけに魚のいる川まで詳しく教えてもらって、本当にありがとうm(_ _)m

この時点でまだ10時、ゆっくりと教えてもらった川へ移動した。
雪代だと思っていた白い流れこそが酸性河川の色であり、
それとは明らかに違う水の色、クリアな渓流水は心も癒やしてくれます。


IMG_20180318_154553.jpg


しかしまたこれが実にシビアな釣りになるのです!
それはまた後でね!
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 18:00| Comment(0) | その他のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。