DSC_3989.jpg

2018年05月04日

今日の阿寒湖

PCを忘れたので画像がないですので、
心をこめたテキストでお送りいたします。

5時の渡船で北岸、砂浜へ行きました。
ヤイタイ崎に2名、恩根内に1名と変わらず不人気の北岸です。
それがあるから釣れるんだけどね。

開始後1時間は音沙汰もなく、早すぎたかなぁ〜なんて思ってますが決して釣れないとは思いません、今年の阿寒湖は。
6時くらいから釣れ出しますが群れが薄い。
2本釣ったら10分休憩てな感じでダラダラ釣れます。
サイズは少し上がって40ギリギリ^_^
8時くらいに右足に変な冷たさが、浸水?

気になるともうだめでウェーダーを脱いで見たら足首までベチャベチャ!

これで午前の部を終了しました。砂浜の釣果は11本でした。


東邦館へ戻って緊急修理。
右足に水を入れるとブーティーのシーム部分から浸水。
アクアシールをタップリ盛ってビニールシートを貼って乾かします。
1時間もすれば緊急修理は完了。

ついでの昼食を食べて小島へ渡りました。
スタートはドラワカポッパー!
コポッコポッ!と引っ張るとアメマスのバイト!いるんだね。
でも乗らない。
3箇所でバイトがあったけどキャッチできず。


戻りがてらHigeフライを引っ張ると入れ食いです。
こういうこともあるんだね。
バイトがあった3箇所でそれぞれ10本くらい出たのかな。
でもサイズは同じですね

4時には終了して東邦館へ戻って今は仙客で夕食です。

IMG_20180504_173508.jpg


今の阿寒湖は午後からが良い感じて釣れます。
明日は移動日、釣りはまた来週です。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:34| Comment(2) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
  takeさん、こんにちは。
 いよいよ解禁ですね。楽しんでくださいね。
 釧路周辺の川アメですが、天然のサケマスの遡上が激減した影響で、エサも減少し体形が小型化しています。代わりにどんな環境にも耐えられえるウグイが増加しています。
 思い起こせば40年前のT路川は、50pを超えたら大物でした。いつの間にか60当たり前、70大物、時に80とアップ。これでは川のキャパに合いませんね。天然サイズに戻った感じです。
 阿寒湖が同様かは分かりませんが、川アメは確実に小型化している感じがします。エサが豊富だった時は5年で60p?今は5年で50pみたいな感じです。専門家ではないので、あくまでも個人的な感想です(笑)。
 これからのベストシーズン、おおいに楽しんでくださいね!
Posted by マル at 2018年05月05日 10:21
マルさん、こんにちは。
阿寒湖より戻りました。阿寒湖は資源コントロールをする湖ですので、アメマスの大小はコントロールのし過ぎだと思います。半面自然河川のアメマスの減少はどこかに問題があるのかもしれませんが、僕も素人なので本質がつかめません。行政への働きかけでもしない限りはそのメアニズムはわからないのかもしれませんね。そうですね、釣りシーズンが始まったばかりです、体をいじめない程度に遊びたいと思います。
Posted by take at 2018年05月05日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。