DSC_3989.jpg

2018年05月07日

ACM vol 137 2018年阿寒湖解禁 5月2日編



今年の僕の解禁は2日。
1日のホテル下の釣師たちの動きを見ていると、
ムズムズしたのだけれど、1日は予定あり!

2日は4時30分ボッケスタートで8時にはホテルで朝食。
午後は13時スタートで北岸へ。

今年はアメマスのサイズが小ぶりで、50アップや60アップといった大物の釣り情報はありませんでした。
しかしその数だけはものすごいです。

今回のムービーはボッケと砂浜のものです。
HigeFly やHigeMinnowもしっかり活躍してくれました。

いつもより長めのムービーの最後には
その小ぶりアメマスのヒットシーンだけをまとめてみました。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:09| Comment(6) | Akan Club Movie
この記事へのコメント
Takeさん、こんにちは。
いつも拝見し勉強させて頂いてます。
解禁の阿寒湖の連続ヒット、素晴らしいですね。
解禁のような水温の低い時期でも、やはりラインはフローティングですか?
それとも、シンキングで多少でも沈めた方が、結果が出やすいでしょうか?
Posted by 素人釣り師 at 2018年05月08日 05:21
こんにちは。
基本的にラインはフローティングボディを使用していますが、風などで波立ってラインが直線にならない状況ではインターミディを使用しています。ストリーマーなど引っ張り系の場合はリーダーはシンクティップです。インタミディを使う場合もシンクティップなのでカウントダウンを早めにして根掛かりを防いでいます。阿寒湖はどこも浅いのでちょっとでもカウントダウン(ライントラブルなどでほどく時間などね)時に間違うとすぐにフライロストするのでフローティングになった次第です。
Posted by Hige at 2018年05月08日 07:17
Takeさん、アドバイスありがとうございます!
今月下旬に阿寒に行こうと思ってます。
私の場合、フローティング/インタミのボディにインタミのティップ、さらにナイロンリーダー+ティペット1.5mのシステムで挑む予定ですが、リーダーもインタミの方が泳層を捉える上で適切でしょうか?
阿寒湖での引っ張り経験が浅く、ご助言頂ければ幸いです・・・
Posted by 素人釣り師 at 2018年05月08日 13:21
こんにちは。
ナイロンリーダーはフローティングですか?
私でしたら手返しを考えると
シンキングのポリリーダーにティペットという組み合わせにすると思います。
基本的に岸から釣る場合は沈める層は1.5mから深くても2m程度ですから10秒から15秒で到達するようにしています。

参考までに私のシステムはスイッチロッドの6番にエアフロのレイジコンパクト420gもしくはスカジットコンパクト450gにポリシンキングリーダーは10フィート(3m)、ティペットは4フィート(1m強)くらいで全長は14フィート前後でやっています。
Posted by Hige at 2018年05月08日 17:56
Takeさん、こんばんは。
ご丁寧な返答ありがとうございます。
いつもフローティングのナイロンティペットを使用しています。
スカジットコンパクトにポリリーダーの組み合わせ。早速実践してみます。
ありがとうございました!
Posted by 素人釣り師 at 2018年05月09日 00:04
いえいえ恐縮です。
私のシステムはシンプルで安価で長持ち、がコンセプトとしております。
参考になれば嬉しです。
Posted by Hige at 2018年05月09日 07:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。