DSC_3989.jpg

2018年05月23日

日曜日の阿寒湖は強風の釣

朝のうちはそよそよ程度の風だったが8時を過ぎたころから強烈な北風(北東風)通称「やませ」が吹き出した。
阿寒湖は大荒れの様相を呈してきた。
北岸の恩根内から大島へ移動するとき船バウンドするたびに腰を打った。
高波の知床の渡船を思い出してしまった。

20180520a.jpg


この画像を見る限りは穏やかな大島からの雄阿寒岳なのだが・・・

風の影響なのかそれともこの数日の状況なのかアメマスがいないポイントが多かった。
大島の馬の背岬でなんの反応もなかったのは本当に久しぶりのことだ。

貸し切りの大島を回って釣り続けたが限られたポイントで釣れただけで
期待していたユスリカへのライズやアメマスの数釣はできなかった。

20180520c.jpg


きれいなゴールデンスポッテドチャー数本(40pクラスの黄金アメマス)と55pくらいのアメマスが1本釣れたことが唯一の救い?喜びであった。

20180520d.jpg


詳しい状況はニュー阿寒のブログへ送ってあるから読んでみてください(今日現在アップされていないけれど)

先週の釣でウェーダーが浸水してパタゴニアへ修理へ出した際に、
リーダーやラインが入ったワレットも送ってしまった。
インターラインやシンクティップがない中での釣りで、
あの波の中で対応できたのは自分でもすごいなぁ〜と自画自賛しての釣だった((´∀`*))
ちなみにウェーダーには3か所の浸水があったようです。

さて今週は気温も上がってユスリカの釣が始まるのかもしれない。
そう期待しているわけだが、モンカゲへつながる大事な季節だけにとても気がかりである。
僕といえば今週からは自宅へ戻ってタイイングを再開いたします。
溜まった受注対応のモンカゲパターンを巻かないとね。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 09:26| Comment(0) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。