DSC_3989.jpg

2018年06月06日

モンカゲダン

月曜日に届いた釣果についての「嬉しい」メールです。

昨日、中禅寺湖に行きました。
朝遅めの8時頃に中禅寺湖に着いて湖畔に出ると、ユスリカに混じってモンカゲも飛んでいました。
そこで試しに河原さんに作っていただいたモンカゲのダンの方のフライを浮かべてみたところ、推定65cmオーバーの巨大なブラウントラウトが釣れました。(いつも使っているインスタントネットには絶対に入らないと一目でわかるサイズ)
正直、自分でもびっくりです。
いいフライを送っていただき、ありがとうございました。



実はこの後のやり取りで「もしかするとフライウイングのサイズに間違いがあったのでは?」と気が付きました。
その意味を込めましても「嬉しい」メールでした。

ありがとうございました。


その後のメールやり取りを追記させていただきます。


中禅寺湖のすれっからしの大物が釣れてしまうのですから、フライの出来がいいことは間違いありません。
残念ながら写真はありません。
まさか釣れるとは思っていなかったので、カメラの準備をしていませんでした。

釣ったのは本当に岸近くの浅瀬です。
周りの釣り人は腰近くまでウェーディングしてかけあがり付近を狙って遠投していましたが、私だけウェーディングせずに岸から身をかがめてロールキャストのちょい投げで釣れてしまったものですから、あとで何で釣ったのですが、と聞いてきた人がいました。
たぶん、見た目にはとてもフライをしているとは見えなかったのではと思います。

中略

ウィングが目印的な役割で、ハックルで浮力を維持できている構造ということであれば、少しカットしてみます。
今回使ったフライのウィングはまっすぐ伸ばすと20mmくらいありました。


今年のモンカゲダンはハックルに浮かせる意味を持たせて量を増やして巻きました。
重量を考えると本来であればその分ウイング量も調節が必要ですが、そうすると今度はテール側が重くなって前上がりに浮いてしまいます。
モンカゲダンの浮く姿勢としては前側が水面にへばりついて、テールが浮いている、というのが僕のフライの理想なのです。
実際にウイング量を減らしたダンを巻いて浮かべると、テール側が水面に張り付いてしましました。
これでも釣れないことはないのですが、やはりフライの姿勢は釣り人側に安心感を与えるので大切だと思うのです。
ただし、今回は実際に浮かべるだけで、釣った後や水没を確認しないまま発送してしまったことについて大いに反省をしております。


また投稿された釣師さんが書いているように「立ちこまずに岸際で釣れる」というのもこれからの釣の特徴で、カゲロウなど虫のハッチは岸際が多いのです。
鱒はこの辺をよく知っているので足元への回遊が増えます。
阿寒湖でもストリーマーと同じスタイル、立ち位置でモンカゲ釣りをする人が多いのですが、
ハッチする場所を確認することをお勧めしますね。
足元に大きな鱒はいるのです。

posted by 阿寒倶楽部 Hige at 08:40| Comment(0) | クラブノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。