DSC_3989.jpg

2018年06月18日

モンカゲの釣2018


20180616f.jpg


モンカゲのハッチが始まったのが8時を過ぎてからだった。
数匹が飛んでいたのは見たけれど、頻繁に見かけるようになったのは30分過ぎ。
そしてサイズが今年は小さいのかな?
色も少し薄めの色?ユミモン?まさかね水面羽化したし。

ただライズが起こらないのだ。
やはりここはアメマスが少ないのだろうね。
もともとそれほど多くのアメマスが集まるポイントではないけれど大きいのが「ここ」の特徴。

20180616g.jpg



フローティングニンフの8番サイズ。
ハッチが多そうなかけ上り付近へキャスト。
ポーズ後に少しだけ動かします。

20180616h.jpg


何本か釣りあげると釣り場が落ちついちゃう。
つまり釣れなくなるっていうこと。
こうしたインターバルは始まりのころにはつきものなのでおにぎりを食べたりしてポイントを休ませます。

次は少しハッチが増えたので6番のエアロドライウイングのダンを結びます。

20180616j.jpg


イイ感じでヒットしたね。
ポイントを休ませると無理して立ちこむ必要がなくなる、アメマスが入ってくるのです。

連続ヒットはダンで。

20180616i.jpg


今回はアベレージが大きくて嬉しい1日だった。
ポイント選びって大事だと思う。
そして何よりもこうしたアメマスが存在する阿寒湖、素晴らしいね。

20180616k.jpg



大阪で大きな地震が発生した。
友人とは連絡がついたので一安心だけど、突然にやってくるね!
地域の皆さん、十分な注意をお願い致します。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 09:45| Comment(0) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。