DSC_3989.jpg

2019年01月11日

スマート

右の腕にはラニングアプリが入ったスマホが入ったケースを巻く。
左の手首には時間計測できる重いデジタル時計。
背中にはポカリを2倍に薄めたハイドレーションパック1リットル
こうして僕は近くの公園の雪道を走っている。

自宅へ戻ればストレッチをしてダンベルを数分持ち上げてからおもむろにプロテインを飲む。
そして汗でぬれたシャツやパンツを洗濯機に放り込んでから筋肉へ冷たいシャワーを浴びせお湯の温度になればシャワーを浴びる。

20190111a.jpg






こうして始まる僕の1日。
シャワーから出た僕はシリアルの朝食を食べてコーヒー片手にスマホアプリのデータをファイルへ手書きしている。
実にアナログな・・PCを使ってはいるがやっていることは非常にアナログな感じがするね。
すがすがしい1日のスタートの割には、なんか無駄な時間・・・のような気もする。

スマートウォッチ、GPSウォッチ、ラニングウォッチ・・現代社会にはすべてに「適応したおもちゃ」がたくさんあるはずなのだ。
調べるとそこにはものすごい数の時計、ウォッチ・・・揃っていて一体どれを購入するべきなのかわからない・・じじいですからね。
時計は日々変化しているから新しいものがいい!に決まっている・・のだろうか。
新しい機種になるほど高スペックで高価・・さらにかっこいい・・・
でも
僕が必要なことができるもの、使えるもの・・それが一番じゃないかな。

探してみれば結構お手頃価格でその機能が備わったモデルがあるのが現代社会。
ネットオークションで購入したのが画像の時計。

これからは片腕につけるだけで僕が必要な機能は収まるようです。
ラップタイムが伸びてしまわぬように時計に教え込まなくては・・・

それに

人とすれ違うことの少ない雪の中のランニングは思いのほか楽しい・・・しね


posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:21| Comment(0) | Run for Guide
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。