DSC_3989.jpg

2019年01月14日

車中泊の必需品

僕の車は中古で購入した少し背の高いバンタイプの車。
車の大きさから見るとウインドウ面積が大きいように思う。
開放的な反面、秋から冬場の車中泊では「寒い」
ウインドウ面積ばかりがその理由ではないだろうけど、大きな要素であることは間違いない。
古い車だからシェードを探すのも一苦労で簡易的なカーテンで過ごせた夏場が懐かしい。
冬場の車中泊の本番はこれからで、5月くらいまでは断熱シェードは必需品だと思う。

そこで思い切ってウインドウ用のシェードを自作してみた。
ネットで調べるとその方法はたくさんあるので参考になった。
材料を探すべくともかく大型ホームセンターの某ホーマックへ行ってみたら・・あった!

2019-01-13_0024.jpg





ポリエステル不織布とEVAフィルムと発泡ポリエチレンのコンポジット。
厚さも8mmと十分。

今までだと銀アルミと裏側はEVAのブルーマットが多かったが
これは表の不織布には炭が配合されていて黒。
裏はグレーという車中泊にはぴったりのマットなのだ。

2019-01-13_0025.jpg


早速窓の型どりをして素材をカット。
窓へはめ込みながら最終カット調整をする。

運転席と助手席、二列目左右の窓にはめ込んでみたが実にしっくりくる出来栄え。
厚みがあるためか押し込むようにすると固定されるようだ。
何回か使用すると落ちることがあるだろうけど、その時はそれで吸盤でもつけよう。
さらにいいのは黒い面は炭効果で消臭効果がある!
これだと室内側を黒にして消臭、窓をグレーにしてもいいかも!

いま動画もとっているのでそのうちアップしたいと思う。

冬の車中泊、1日くらいなら車内で鍋なんかつっついて熱燗を飲むのがいいんだよね。
連泊は難しいから温泉宿へしけ込むんだけどね・・「しけこむって」死語?
【車中泊の最新記事】
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:15| Comment(2) | 車中泊
この記事へのコメント
takeさん、こんにちは。
真冬の車中泊、今でもやってるんですね。当然、寒いですよね。私は現在、釣りは冬眠中です。3月になって、最高気温が10℃になったら始めようかと思っています(笑)。明日から娘の引越手伝いで札幌です。最近はススキノへは行かず、こじんまりとした個人経営の居酒屋にはまり、しけこんでいます(?)。大好きなしめ鯖が美味しければそれでよしです。それではインフルエンザに気を付けて冬を乗り切りましょう!!
Posted by マル at 2019年01月19日 10:17
マルさんこんにちは。
車中泊は1年中体験しております。
一人になれる機会は適度に必要なのですが、定年退職の年金者はホテルへはなかなか泊まれません。調理もできることを考えるとホテルよりも快適な場合がありますしね。

釣りは3月から・・早いですね。

すすきの・・1年に一度くらい行くかな?
なかなか足も遠のいてます。
それでも手前にあります居酒屋へは定期的に行きますね・・東邦館の次男坊がやっています「海サクラ都通り店」です。一度行ってみては。若い人が多い店ですが食材、料理はうまいですよ。
Posted by 阿寒倶楽部 Kawahara at 2019年01月19日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。