DSC_3989.jpg

2019年01月26日

run about

ちょっと気取って英語にしてみた。
run about 走り回る・・

確かに走り回っているようでいて意外と累計距離が伸びないのは気に食わない部分だ。
一応月200kmくらいは走りたいと(ほぼいい加減に)思うのだが、
目が覚めて窓からドバドバ降る雪を見れば出たくないしそのあとに待ち構える家の前の除雪を終えればそこそこなワークアウトで当然のごとく走らない。
仕事から戻って走る!という選択肢も日が落ちる時間がまだまだ早いからあきらめる自分。
雪が降っていない朝は躊躇することなく準備をして走りまわっている。
つまり走るのは嫌いではないだけに自らのいい加減な性格が理由とわかっているが何となく「悔しい」「気に食わない」と思うのだ。

今朝のwork out

2019-01-26.jpg



見る人が見ればいい加減なフォームの無駄な動きが多いランナーもどきの僕ではあるが
あくまでも体力作りのためのランニングであると強調しておきたい・・・

・・・しかし・・・近頃 物欲がムラムラと。

もう少し早く走りたいとか長く走りたいとかきれいなフォームで無駄なく走りたいとか・・・
もっ走りやすいシューズやボトムやウェアーやサングラスや・・ともかくなんやかんやと「欲しがる」のだ。

3日間の間、1日8時間釣りをガイドしてサポートできる体力と沈んだ岩をスムーズに乗り越えられる(足が引っかかて沈しない)強靭な足腰を得ることが目的の僕のランニングが変わりつつあるのは、
走った距離、時間を確認したくてスマホにログを残しだしたことが理由ではないかと思う。
最近ではランニングウォッチを購入したことで時間、距離、ラップ、その他のデータがPCできちっと確認出来て余計な管理を始めたことがさらに大きく追い打ちをかけているようにも思う。
あと2分走れば最長走行時間だった!とか
あと600mで最長距離だった!とか家に帰って画面を見てしまうと「どうにも悔しい」。
いつしか走る時間や距離に「燃えている」ことに気がついてしまったのだ。


そして気がつけばAmazonからは定期的に届くラニングGoodsの数々、サプリや栄養補助食品・・・・

71a1vk8FoML._SL1200_.jpg


最たるものはプロテイン(昔飲んだコーヒー味よりは物凄くとは言わないがそこそこ飲める)とかアミノサプリ。

917MmCD648L._SL1500_.jpg


早いはなし「アホ」なんです。
やる気が刺激するのは物欲というお粗末な状況

こんな自分を撃破するには「釣り」しかないね。

来週くらいから調査開始しようかと思い始めています。

札幌の豊平川でもサケ稚魚が確認されましたね、道南のあの川でもおそらくは出始めていることでしょう。

アメマスの溜まりを見つけてどの程度回復しているのか!気になるところです。

それと阿寒湖のワカサギ釣り・・舘長を誘って「対決」もしたいしね。

僕の場合は 「すべての希望は欲につながる」 情けないわ〜

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:14| Comment(0) | Run for Guide
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。