DSC_3989.jpg

2019年01月30日

Kawashimo winter run 時間と距離のベスト

両腕を後ろ後方へ伸ばして小刻みに腰を左右に振って坂道を下ってゆく。
青い空の間の白い雲が微妙にブレていて動画チックで楽しく見えた。

走っているとどうしても腰の動きが緩慢になってしまう。
走るうえで大事なのは腰を左右に振って腕を後方へ大きめに振って走ることだ。
こうすることで無理なく前傾姿勢がとられて振り出した足が体の中心に下りてゆく。
負担の少ない走り方になる・・と調べるとあった。
僕の目標とするフォームはこれでその為に坂道を下る時は冒頭のようなペンギンのようなポーズで走ってフォームを体に覚えさせようとしている。
犬を連れている人や散歩する人とすれ違う時には少し恥ずかしいがこれをしないと後半はバラバラなフォームになっているように思う。

201901301222.PNG


それにしても川下公園・・何時も整備してくれてありがたいと思います。
犬の散歩の人たちも避けてくれたり、犬を止めてくれたりとうれしい配慮がいっぱいでした。
この場を借りてお礼を述べさせていただきます。



コースの一部が風による吹き溜まりで消えていた。
2週走ったが極端に負荷がかかってしまったり、コースを外して深雪へ入ったりしたので途中からは圧雪された道を走った。
1週の距離は若干短くなったが快適だった。
思わず今日は「20kmくらいけるかも」とか「2時間走れるかも」などと10km付近で考えてもう1週走って調子次第で新たな領域へ突入・・と思ったのもつかの間。
左ひざに違和感出現・・ついで右膝に痛み・・・
新たな週へ突入することなく時計を止めた。

今日の距離は11.74km
時間は1時間16分47秒・・ともに今シーズンのベストだ。
ラップは6分32秒/kmだった。

案外僕の現時点での限界ってこんなところなのかもしれない。
それはフィジカルな部分で、本格的に走りを求めるのであればもう少し基礎運動(走る以外で)の量を増やす必要もあるのだろうと思う。
それと冬の雪道の走りって足の裏全体で着地するので膝への負担も大きいのかもしれない。
もう少しペースを落としていわゆる「ジョギング」ペースにする必要があるのかも・・
明日からはこのへんを意識して2月の20km走へ備えたいと老人ランナーは考えるのでした^^

もちろん年金タイヤ―も頑張っております。
モンカゲフローティングニンフも巻いておりますよ・・
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 12:53| Comment(0) | Run for Guide
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。