DSC_3989.jpg

2019年02月13日

スノーマラソンがあったらしい

NHKのグレートレースGREATRACEという番組を見て楽しんでいる阿寒倶楽部 です。
マラソンや駅伝とは違ってこのグレートレースっていうのは自分への挑戦はもちろんだと思うが出場選手が「背負っている何か」を吐き出す場所・・吐き出すなんて書くと悪いイメージなんだけれど、逆でね、人生の苦悩だったり、悲哀だったり、喜びもあるかな・・・ストレスだったり、絆だったり・・一人ひとりいろいろな思いを秘めてのスタート&ゴール。
純粋に競技としてのめり込む人もいれば、歩き続けてゴールすることが目的の人もいる。
走る歩くは一つの手段であって向かう先は同じ所。
背負うものが違うのだから進み方もそれぞれでOKというところかな。

参加だって金銭面も結構かかるだろうし、準備期間、トレーニング、休暇や必要経費、ごくごく普通にそれらの段階をクリアしなければそのスタートにすら立てないのだから誰でも思い立って参加しましょう!とはならないよね。
だからこそ「その参加意欲」が強烈なのかも。
NHKって・・TV業界はこういうのがうまく制作できるよね・・毎度、見事にキャッチされている阿寒倶楽部です。


ところでタイトルの「スノーマラソン」というのがつい一昨日2/10に千歳であった・・んだよ。
たまたまグレートレースの情報をネットで仕入れていたら見つけちゃったのさWEBページ!


そのレースの名前は
札幌スポーツ館杯スノーマラソン大会in千歳2019

10kmと6km、それぞれに男子と女子がある。
男子10kmには49歳以下と50歳以上が別エントリーになっていた。

現代ならば二つに分けるなら区分年齢って55歳くらいじゃないのかな?
もしくは35歳以下、45歳以下、55歳以上とかね。今の50代は侮れないよね・・・
(そんなことは主催者が決めることなんだけどさ)

「ウインターマラソン」へぇ〜っさすが北海道!て思ったけれど、安全なコースさえ確保できればどこでも出来そうな感じだよね。
コースは千歳インター降りてすぐのゴルフコース内・・・。
僕も昔ゴルフしていた時に冬場にスノシューのコース作ればいいのになぁって思っていたんだ。
コース内の池に鱒を放していることが多かったから、湧水の池ならば冬はフィッシングもできそうな感じだったしね。
今ならランニングコースでも作ってくれると嬉しいのに・・なんて思うよ。
(芝が痛むのかな)
結果が出ていたのでそれぞれのタイムを見ました。
スケベ心で自分の10kmと6kmのランニングタイムと比較したくなって・・・なんだかんだといって自分の立ち位置確認みたいなものさ。

気になるタイムなんだけれど

男子10km 49歳以下 のトップタイム 0:36:48  ラスト 149位のタイム 1:17:46
続いて
男子10km 50歳以上 のトップタイム 0:40:20  ラスト 61位のタイム 1:19:49

これが今日の僕の10kmベスト(意識して少し強めに走りました) 0:59:22 
これは49歳以下だと124位 50歳以上だと45位でした。

男子6km 年齢制限なし のトップタイム 0:20:57 ラスト 53位 0:44:32

僕の6kmのベストタイム 0:35:10  38位と同タイム

どちらにしても平均以下のタイム・・ショックはないよ、参加者はすごいなぁーって思うくらいです。

コースのコンディションもあるし、マラソンなどを本格的に意識したシューズやウェアなども無関係ではないだろうが単純比較はできないし、正直なところ素人の僕はどの程度の違いがあるのかはわからない。
ただ、今の僕がこのようなレースに出てもリミットギリギリでのゴールではなくてほんの少し余裕の・・それは平均以下でも・・ゴールができるんだと分かったことが嬉しいね。

以下は今日のrun about

20190213a.PNG


201902131529b.PNG


なんだかますますランニングが好きになってきました。

目的はRun for Guide ではあるけれど今年63歳になる自分の趣味としてもFlyFishing同様に長く続けられるといいなぁ〜と思いますね。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 16:41| Comment(0) | Run for Guide
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。