DSC_3989.jpg

2019年03月18日

ファーストキャッチ

今年初めての釣り・・正確には2回目なんだけれど1回目は「調査」だったから実際に釣ろう!と決めての釣行は今年初だ。
道南の川・・僕が北海道の河川の中で出会った最も強く大きく太いアメマスはこの川のものだった。
大きだけなら島牧の海アメが一番だったように思うけれど。
アメマス釣りをしていてバッキングラインをフルに出された経験はこの川のアメマスだけだ。
だから毎年それを再び味わいたくてこの川へ通っている。


20190318b.jpg


今年の初アメは40pくらいのスマートな魚体だ。
ありがとう〜!


全日夜半からの降雪と風でとても寒い釣りとなった。
雪代の影響で少し増水しているのか、と心配であったが概ね平水に近い感じだったが、
それよりも河畔林の育ち具合が良いのか様相が大きく変わっていたのに驚いた。
ただし全体に浅くなっているのはこの数年の傾向で、水流の圧も弱いように感じた。
最初のポイントは2時間ほど釣ったが反応もなくサケ稚魚の姿も見られずに移動した。

例のポイント・・ビッグファイターを釣った場所へ移動しようと思ったがふと思い立ってその昔ルースニングで釣りをしたことのある有名ポイントへ向かった。
僕たちの中では「棚場」というところだ。
ここはフライの場合は高い位置からしか釣りができないので仕方なくルースニングで釣りをした場所で昔はそれなりに釣れたものだ。
川岸が1mもないのでルアーであれば釣りは容易だが当時はロールキャストで何とかなるかな?くらいのポイント。
今はスペイキャストとラインの発達がこういう釣りを容易にしてくれた。

20190318a.jpg


後からビデオを見ると手首をクネクネさせてキャストしていたので右手が異常に痛くなってしまった。
この年になるとキャストが落ちつくまでにひと月くらいかかります。
だから最初は大きな川や湖でのんびり振るのがいいのだけれど今回はその「暴挙」が功を奏した形となった。

その後何度かあたりはあるが乗らなくてヒットすればバレたりして1時間ほどで反応しなくなった。
足跡やふみ跡から相当の人が来ていることがわかる。
ただ、その釣り人の狙いはアメマスではないと思うけどね。

さて次回は道東へ流れてゆく予定です。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:35| Comment(2) | 北海道のFF
この記事へのコメント
higeさん、ファーストキャッチおめでとうございます‼️
Posted by 村瀬智哉 at 2019年03月18日 16:26
村瀬さんこんにちは。
ありがとうございます、
何とか1本捕まえることができました。
Posted by 阿寒倶楽部 Kawahara at 2019年03月18日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。