DSC_3989.jpg

2019年04月27日

さすがの65cm

宿の窓から外を見ると雪!
外へ出ると寒くはないが風が強い。
釣り場では体感温度は−5、6度に感じるね。

隣室の輪島さんに「出る時間遅らせましょう」と連絡。
コーヒーをゆっくり味わってから釣り場を目指した。

今回の釣り旅の最後の目的地「パタゴニア沼」だ。

到着してもなかなか車から出たくない気分。
時々雪が吹き付ける。
30分くらいしてからようやく重い腰を上げた。
運良く小さなライズを見つけたからだ。

準備をして釣りスタート。
最初のヒットは輪島さん。
40弱だがこの3日間の中では一番大きい(笑)
次のヒットも輪島さん!今度はカジカだ。
僕にもようやくアメマスがヒットした。
ここのアベレージ45cm、もちろん僕にとって今回最大のアメマスだ(笑)
すべての肩の荷が下りた気分です。

その後インターバルは長いが50アップも釣れたし、地元の釣り仲間もやってきてすぐに良いサイズをキャッチした・・・流石です。

しかし輪島さんのロッドがなかなかいいカーブを描かない。


でも心配無用。
干潮が迫った時間に連発して、
仕上げはこの日も、今回の釣行の、最大サイズ65cmの極太アメマスをキャッチしたのだ。

次回動画をアップしますので楽しみに!
今日は画像がないけれど
おそらくニュー阿寒のフィッシングブログに載ると思うな。

いやいや流石でございました。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 18:24| Comment(0) | 北海道のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。