DSC_3989.jpg

2019年07月07日

阿寒倶楽部のフライフィッシング動画Vol 160 7月初旬の阿寒湖



7月4日、目を覚まし、車を出ると雄阿寒岳方向から緩やかな風が僕の頬や額を撫でた。
7月にしてはずいぶんと涼しい風だ。
今朝は小島へ渡船することに決めていたので準備服装を整えてフィッシングランドへ向かった。
平日の駐車場にはスタッフの車しかなかった。

渡った小島北のプレートの岬は風裏になって凪ていた。
ライズもないばかりか虫も浮かんではいなかった。
しかし気持ち的にはアメマスはいるであろうと妙な確信があった。

釣り始めて結果はすぐに出た。
フローティングニンフはすぐにバイトにあって、数度目には目の前のライズを直撃して1本キャッチできた。
食いは浅いように感じたが、何度も出ると言うことは擦れてはいないということだ。

2本目のアメマスは大きいサイズだったが余裕をかましていたら「お約束事のようなフックオフ」
その後ダンに変えたのはフローティングニンフが見切られるようになったためだ。
ダンは想像以上に活躍して10本くらいはキャッチへつながったように思う。
老人釣師は二桁に入ると急に数を覚えられなくなる。

北のプレートだけでさらに数は釣れたがダンも見切られるようになったので黒い虫をイメージしてケバエパターンを結んだがこれもすぐにヒットした。
こうなってくると釣に飽きてしまう。
僕は贅沢だと理解しつつも釣りのスポットを変えることにした。
雄阿寒からの風は少し強くなっていた。
東のプレート、雄阿寒岳をやや右手に見ながらキャストした。
最初はダンから始めたが同じようにアメマスはガンガンアタックしてきた。

途中でワカサギへのライズを見つけたのでHigeMinnowの7pに変えたがこちらは反応が悪かった。
5pへ落とすとすぐにバイトしてきた。
1本目はバレたが2本目は3回ほどアタックして咥えてくれた。
なかなかのサイズだった。
そのごは調子に乗ってシケーダを試したがこれも違和感なく釣りを成立させた。
しかしこの時点で実は相当な違和感を覚えていたのも事実。
なぜこれだけのアメマスが小島にいるのか・・・釣り人が誰もいないのか
実に謎に満ちた7月の阿寒湖である。

しかし明日ガイドをする身としてはこれは嬉しい状況である。
早めに次の調査スポット大島へ移動しなくては・・・

9時30分に到着した大島。
実は今年初めて南のプレート、馬の背で釣りをするのだ。
モンカゲシーズンは常に満員御礼の大島北の馬の背。
今日は誰もいないので好きなところで釣りができる。
が、始めると全く反応がない。
どこへどうキャストしても反応がない。
モンカゲダンやシケーダ、Minnowにも反応がない・・・いわゆる魚っ気がないのだ。
そこで僕がモンカゲ時期は必ず釣る「セキレイスポット」へ向かった。
ハッチは散発ながらあるし、セキレイの夫婦だろうか盛んにモンカゲを食べ回っている。
このセキレイにしても空を飛び回る燕にしても一様に太っている。
お腹の中は阿寒湖のモンカゲで満たされているのだろうか。
もしそうだとすれば来年の阿寒湖も再来年の阿寒湖もモンカゲは不発に終わる可能性が高いということだ。
羽化してすぐに食べられてしまうモンカゲには産卵する機会がないからだ。

「飛んできた燕をバットで打って場外へはじき出したいよ!」
日本野鳥の会が聞けば激怒しそうな会話もあながちジョークとは思えない。

しかしアメマスのライズは全くない。
ともかくダンをいつものヒットゾーンへキャストした。
2投目には水面下から吸い込むようなライズに僕のダンは消えた。

サイズこそ図っていないがおそらく今日の最大サイズのアメマスだったと思う。
後にも先にもこの1本で南の馬の背は静かなままだった。

その後大島中央のモンカゲ時期の定番スポットへ向かって釣りをしたが
大島中のアメマスがここに集まっているような釣れ方であった。
が小島の比ではない。
西のシケーダゾーンも釣ったりしたが全くと言っていいほど反応がない。
それでも夕方3時まで粘って二桁のアメマスが釣れた。

これで明日のガイドのプランは完成した。


そしてガイド当日は阿寒湖2回目のゲスト氏を自信をもって小島と大島へ案内することができた。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 15:48| Comment(4) | Akan Club Movie
この記事へのコメント
やはりヒゲさんはスゴく釣られますね〜!!
土曜日仕事が終わってから、
2時間だけ小島へ行きました!
いい体躯の魚が釣れてくれました!
次回になるのか、いつになるのかわかりませんが、
お会いできることを楽しみにしております!
Posted by Kenny at 2019年07月07日 23:05
釣れたのは「たまたま」です。
通っていればそういうこともある!ということでしょうか。

まだまだシーズン長いですから、見かけたら声をかけてください。
Posted by 阿寒倶楽部 河原 at 2019年07月08日 05:06
河原さん、おはようございます。
7月に入ってもまだモンカゲで釣れるんですね。
去年は7月の第一週の火曜日に行きましたが今年は6月末の状況が悪かったので行きませんでした。
2日、3日と連休だったので行けばよかったですね。
16日にはシンコ狙いでまた阿寒を訪れる予定です。
Posted by 田中 裕雪 at 2019年07月08日 10:14
こんにちは。
7月の初めはダンやセミやケバエやシンコとにぎやかなので僕は好きです。
ただ今年は5月から外れっぱなしなので心配でしたが楽しい締めくくりになりました。
ゲストさんも喜んでくれましたし。

いよいよシンコですかね、岸よりすればいいのですが・・
Posted by 阿寒倶楽部 河原 at 2019年07月08日 15:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。