DSC_3989.jpg

2019年08月03日

暑さにめげない要素到着!!

今日も朝からお日さま全開・・本当に暑い。
阿寒の徹別(てしべつ)は33℃らしい・・・すごいね7月の初めに1日くらい欲しかった温度。

熱帯夜の我が家だけれども3日目を迎えるとさすがに慣れてきた。
暑いのは暑いけれど古い扇風機もガンガン回っているし、何よりもビールが旨い!
暑さをしのいで、しのいで夕方のランニング後のシャワーとつかの間のヒンヤリ感にビール!
たまりません!!。

そして今日届いたのが新商品ウェーダー

201900803c.jpg


パタゴニアのリオガジェゴスジップフロントウェーダー。
パタゴニアのオンラインサイトでお安くなっていたのだ。

すでに3年くらい経過しているのだろうかこのモデルになって。
来期は新製品が出るのだと思われるが・・・僕にとってはいつもいつもパタゴニアの新商品ウェーダーは高根の花である。
札幌市内のアウトレットなどに寄ったときにあれば着用して購入することがあるが、この1年ほどはこのタイプは見つけれらなくて、たまたまサイトのほうで値下げしたところだった。

201900803b.jpg


僕の適正サイズはショートのSサイズ・・・それでも股下は少しダブつく(笑)
ジップがあるので「男特有の用を足すとき」いちいちウェーダーを腰まで下ろさなくても済む、というのが売りだが実際にはかなりギリギリであわてると「我が息子」をジップロックしてしまいそうだが・・・
まぁ早めに落ちついて用を足せば問題はないだろう・・と思う。
ブーティ―も厚めのソックスを履くと丁度よくて今のシューズにはぴったりだ。
今回特に気に入ったのは胸元付近のゆとりとフライボックスなどが入るポケットの存在。

ウェーダーを身に着けた後ジャケットを着こむとガチガチの鎧武者のようになることがある。
特にベストやバッグを持つことが嫌いな僕だけど最低限でもフライボックスは2個は持ちたい。
となるとポケットはパンパンになってしまうのだが、このウェーダーの場合はジャケットをインナーにしてフライボックスを左右のウェーダーポケットへ押し込むことができる。
ディープウェーディングした時にジャケットが濡れてその重さに辟易することもなくなりそうだ。
すでに着用して人は「何をいまさら」と思われるだろうが僕にとっては新しいウェーダーであり、
秋のシーズンが楽しみになるアイテムの到着は一層今日を爽快な1日にしてくれそうなのである。

そして
201900803a.jpg


秋のドラワカもガンガン巻き始めました。
僕の作るドラワカ・・すべてのフライは丈夫さが売り!その為にこのミノーやドライワカサギは滅多に壊れないし2シーズンくらいは普通に使えます。表面はシルネットで補強すれば新品みたいになるしね。
だからなかなかリピートが入りません・・これってどうなんだろうと思ったりします(笑)

そこでこの秋向けに阿寒倶楽部WEBSHOPにメンバー未登録で今回初めてフライを購入する方限定のセットを作りました。
HigeMinnow7p6pが2本ずつの4本、HigeDorawaka7p6pが2本ずつの4本、
合計8本をセットにして送料込みで6000円で2セット販売いたします。
超お買い得のセット・・と僕は思うのだけれど。

画像ができ次第載せますがとりあえずはテキストだけで。
阿寒倶楽部WENSHOPはこちら


posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:11| Comment(0) | Club Note
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。