DSC_3989.jpg

2019年08月17日

サーモンストリーマー

salmo-3.jpg


定番といえるサーモンストリーマー。
ダブルハンドを想定して重めのステンレスフック6番を使用していたが、
近頃使用頻度が上がっているシングルハンド用に巻いた8番フック。

シングルハンドロッドはダブルハンドとは違って手の延長であるかのようなダイレクト感がある。
ヒットもファイトも鱒との距離が近い。
逆に走られるとその距離感を絶望的とも感じてしまう。
シングルハンドは利き腕そのものがトラウトに負けてしまうこともあるから肉体的にも悔しさも感じるね。

僕は鱒がヒットした瞬間に高揚感を得てファイト自体はできるだけ短いほうがいいと思って釣りをしてきた。
だがこの数年、阿寒湖でモンカゲやらセミやらシングルオンリーでやっていると、
数は釣れなくとも1本をいかに楽しく釣り遊ぶか!という部分がとても大切なのだと今更ながら思う。

ダブルハンドやスィッチロッドって幾分釣師よりのハンディがあるように思う。
勝ち続けることがわかっている釣りはどこか緊迫感にかける・・などと舐めたことを言っていると毎回悔しい思いをするのだけどね!







さてサーモンフィッシング
この季節を待ち遠しく思っているのはフライフィッシャーばかりではない。
北海道中の釣り人が満を持して海へ向かう。

そしてこの季節だけに現れる忌々しくも中心的存在の「にわか漁師の軍団」だ。
家族や恋人同士、夫婦や定年を過ぎた老夫婦いわゆるジジィやババァも激増する。

まぁ忌々しいと思っているのは彼らも同じで、
特にフライフィッシングはかなりのスペースを占有するし、
海への立ちこみなんて当たり前のこと・・このあたりを好まない漁師も多いのだ。

それはともかくフライに限って言えば
海の釣りはなぜか「男心をくすぐる」
荒れ狂う海、波立つ岩場、身の丈を超える波しぶき。
そこでは釣り師は漂う1枚の葉っぱのような存在だ。
荒々しい波に飲み込まれては浮かんで流される。

だからそこに「立ち向かう」・・その姿に何となく「男気」を感じているのかもしれない。
多くの釣れないフライフィッシャーの気持ちを代弁するつもりはないが
僕の海の釣りはそこがすべてといっても過言ではない。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:43| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。