DSC_3989.jpg

2019年09月08日

HigeMinnow Club version・・まぁ暇つぶしですね

20190908a.jpg


9月の後半になると阿寒湖ではワカサギ漁が始まって漁場近くで起こるボイル目当てに僕のような釣り師がふらふらと現れる。

ワカサギ漁で引き網の最後は岸際20m付近。
網から零れ落ちるワカサギやエビなどをどこからかぎつけてくるのかアメマスやニジマスが「ゴボッ!」と激しいサウンドで貪り食うのは毎度のこと。
見ているほうがドキドキするくらい激しいスプラッシュ。

20181017b.jpg



フライを放り込んで待つけれど、やっぱり本物がある以上はなかなかフライへは出てくれない。
が何度かしてライズの方向や鱒の動く方向がわかってくると何とかバイトも増えてきて

20181017c.jpg


産卵明けで荒食い中なのかメタボなアメマスは強く太くて大きいし、虹鱒は豪快にジャンプしてそのファイトも猛々しい。
ただこの釣りは平日の漁の行われる時間帯でしか成立しないので土日の釣師には・・・

そこで始まったのがメインのターゲットである虹鱒相手に冷凍ワカサギを巻いて漁の「零れるワカサギ」状況を作り出して釣りをしよう!
一言でいえば「ワカサギゲーム」とでもいうのだろうか。
この時期に阿寒湖で釣りをするとなればアメマスの多くは産卵で遡上している最中で春や夏のような釣は期待できない。
そこで産卵に関係のない虹鱒を狙うのだが、虹鱒もそれほど多いわけでもないし、多くはワカサギについているので岸際にはそれほどいない。
阿寒湖の釣としては一番厳しいシーズンを迎えるわけだ。
その様な実情で始まったワカサギゲームだが・・撒き餌!してまで釣るのか!不届きだ!など批判的な意見も多い。
まぁそれについては釣り人それぞれに判断でいいように思うし、阿寒湖を管理しているフィッシングランドもNO!とはしていないようである。
ただし、巻いて釣るのが当然!と思ってもらうのはいかがなものかと僕は思う。
個人の主観によるかもしれないが限定的なこの時期の釣り=オフシーズンの釣りというとらえ方が良いと思うのだ。

その釣りで使うのがいわゆるドライワカサギ、ドラワカ・・などと呼ばれているフライだ。
多くは撒き餌ワカサギは横向きに浮くのでそういう仕組みのフライが多い。
僕の場合には縦に浮くタイプのフライをお勧めしている。
それはシーズンを通してワカサギが阿寒湖のメインベイトであることが理由だ。
トップウォーターで釣るアメマスは本当に面白い。
ストリーマーが主な僕も阿寒湖ではトップウォーターを常に意識しているくらいだ。
だからシーズン中も使えるように縦浮きを使っているし、十分な釣果を得ている。

そうはいってもまだまだ経験不足は否めないので毎年試行錯誤でやっている。
通常はワカサギカラーを主にして巻いているが、
時々陳案、愚案も浮かんでくるのでたまにはそれもいんじゃないか!と巻いている。
今回はそれをclubversionとして巻いてみた。

20190908b.jpg


この手の陳案ではメインの赤?ブルーであるが今回はグリーンと水玉ブルックカラーを巻いてみた。
ともに6pと7pに設定している。
販売する予定はありませんが、WEBSHOP購入の希望者にはお分けいたしますのでコメントに記入ください。
ただし数量限定なので無くなればそれで終わりといたします。

9月は月末から10月中までイベントがあって阿寒湖での釣りはできませんので何とか中くらいには試したいものだと思います。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:06| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。