DSC_3989.jpg

2019年12月02日

余分な「おまけ」が付くとき

「あと2時間くらいあるし大島前へでも行ってくれば!」
と館長。

「いやいや、何とかみんな1本は釣れて阿寒湖のラストを飾れたのだから、気持ちよく終わらせたほうがいいと思うよ」
と僕

さらに
「欲を出して敗北感に苛まれるよりも気持ちよく終わるほうが来年につながるし、余計なおまけも付いたりするからね」

という僕の意見でnaratoさんも今年の阿寒湖の釣りをストップしたのだ。

結果は誰にもわからない。

でも最終日は気持ちよく終わるのがいいのだ。





最終日のボッケジカタには我々のほかにニュー阿寒の輪島さんグループも来ていたがもう一組なのかな、いたらしい。
僕は最終日だから我々の仲間だとばっかり思っていたのでドローンを飛ばし撮影していたのだが僕らの知り合いではなかったらしい・・・・ご免なさい。
少し騒がしい思いをさせてしまったようです。

さらにそのドローン撮影で館長のヒットシーンやランディングシーンをきちっと撮影したつもりが操作ミスで撮影されていなかったのだ・・これが少し不思議なのだが

ドローンのクイックショットというアプリを使って撮影したはずなのに映っていない・・変だなぁー
と僕を悩ませていたのだ。
そこで阿寒湖からの帰り道に春に車中泊をしてドローン撮影をする桜のきれいな公園に寄ってドローンの撮影確認をしたのだ。
が結果としてこうなってしまった。
原因についてはここで語るのも悲しい内容なので割愛するが・・・

20191202a.jpg


普通ならば「おさらい」的なことはしない性格なのだがなぜか今回はやっちゃった!
やはり余計なことをすると「おまけも付いてくる」ものなのだ。
気持ちよく終わるコツは反省をする機会を与えないことだと改めて思う阿寒倶楽部でした。

またまた出費が・・どなたか僕に余っているドローンください。


posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 14:45| Comment(0) | Club Note
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。