DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2019年12月21日

黒の魔力

僕が湖や大きな川の水面下で使うフライはHigeFlyストリーマー。
ボディトッピングにレッドのシールズファーを巻き込むくらいで圧倒的にオリーブカラーが多い。
しかしオリーブにも何種類かのカラーがあってそれをツイストダビングでアレンジしているので、
見た目以上に複雑なカラーだと思う。
その点ブラック系統は非常にシンプルで黒に何かを混ぜ込むことはない。

20191215b.jpg


黒という色はすべての色を纏めたものともいえるし色として存在しないものともいえる。
同系色の黒っぽいグレーなどは存在するが黒風なオリーブはない・・あったらm(__)m。
グレーにしても黒っぽいとは言わないだろうしせいぜいダークグレーなどだろう。
だから黒は黒であって唯一無二のカラーだ。

20191215c.jpg


この黒いHigeFlyは時に大活躍することがある。
特に虹鱒を狙って釣りたい!という時などは僕はオリーブではなくてブラックを迷うことなく結ぶ。
僕のHigeFlyはボディ先端に赤のシールズファーをトッピングしているから日本生まれのニジマスは歓喜して喰いついてくるのではないかと思う。

20191215a.jpg


阿寒川の底にへばりつく「見えているのに釣れない虹鱒」の横数10pへ流し込んで目の前を通すと面白いように喰いついてくる。
虹鱒は黒いストリーマーが大好きなのだ。

そんなことを想いながら来月行く予定の大きな湖用のフライを巻いてみた。
今年はテールに赤のマラブーを3本トッピングしてみた。
ボディの黒と先端の赤にテールに怪しく揺れる赤と紫の筋・・うーむこれは堪らんだろうなぁ

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら

申し訳ないが大量注文を優先して巻いている関係で只今在庫は非常にタイトになっております。
恐れ入りますがメール等での注文をお願い致します。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 20:01| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。