DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2020年01月09日

1年のスタート

202001092251.png


僕のGuide for Run 2020が始まった。


3年前の秋だったかな?
ガイド明けの翌日、大島で半日釣りをした。
帰りがけにドラワカの釣りをする為に西側へ移動したときのことだ。
何気なく曲がり角の太めの枝下を通り抜けようとした時だった。
腰をかがめて通り抜けたと思い顔を起こしたらオデコと枝が激突。
反動で後ろへお尻からひっくり返ってしまった。
ひざ下くらいの水深だったのでパニックにはならなかったが、大いに驚き呆然として座り込んでいた。
出っ張ったお腹もさることながら腰から膝にかけて相当に弱っていたのだと思う。
途中から可笑しくなって苦笑い・・年かな。


翌年5月解禁前に小田原から来た友人と釧路湿原へ観光へ出かけた。
毎日2時間散歩をしている友人はどこへ行くにも実に軽快に歩く。
コッタロ湿原展望台の急階段もすらすらと上がってゆくが僕はヒイヒイ言いながらついていくのが精いっぱい。
ガイドを本格的に始めようと思った矢先だっただけにかなりショックだったし、ガイドなんかやれるのだろうか?と思った。
そして連休後から僕は自宅周辺を歩いて基礎体力を整えて3か月後には軽いランニングを始めた。



1周すると5kmのコースを最初は40分くらいかけて汗だくになって走っただろうか。
もう少しかかったかもしれない。
何せ正確に時間を測ったこともなかったし。
その年の秋には2週10kmを走れるようになっていた。
体重は極端には落ちなかったけれど幾分軽い感じもした。
秋のガイド時にはゲストさんから「フットワーク軽いね」と言われて嬉しくなったのを思い出す。
昨年は1月から走り出して1年で1400kmを走った。
週1回は20kmのランニングもできるようになった。
体重も約10kgほど落ちたしウエストも10pほど少なくなった。
健康診断で僕を悩ましていたメタボの指数もほぼ出ていない。

一時期は体脂肪も8%なんていう数字だったけれど今は10%から11%くらいに落ち着いている。
が1週間ほど走らないでいると体全体に「肥満感」を感じるようになってトータル40kmくらい走ると何となく正常な感覚になるような気がする。
もうすっかり走ることが趣味となった感じがする。

ただ今年は走ることはもちろんだけどもう少し筋力をつけようと思う。
走るのを基本として体幹トレーニング+筋力トレーニング時間を増やす予定だ。

携帯を忘れた時には阿寒湖の砂浜から林道を走り抜けてフィッシングランドへ忘れ物を取りに行くこともできるかもしれないね。

ガイドするうえで安全への配慮は言うまでもないがいざという時にはやはり体力気力が重要になると思う。
阿寒湖を端から端まで泳ぐ力も身に着けたいと思う阿寒倶楽部の2020年スタート。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:48| Comment(2) | Run for Guide
この記事へのコメント
 higeさん、あけおめです。
 新年も10日が過ぎ、ようやく時間ができました。でも釣りには行けません。腰の病で杖の生活になり、以前から手の指先が動かしにくくなる原因不明の病気悪化で、冬はとても釣りには行けません。3月の春アメまで我慢の日々です(泣)。
 そうですね、釣りのガイドは体力勝負ですね。頑張りすぎず頑張って下さい。私は今のところ寝たままで出来る腹筋と背筋のストレッチ。腕立て伏せ100回だけを頑張っています。
Posted by マル at 2020年01月13日 17:05
マルさん、
今年もよろしくお願いします。
大丈夫ですか?
腰は大事ですからね。
無理をしないでじっくり治してください。
Posted by 阿寒倶楽部 河原 at 2020年01月14日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。