DSC_3989.jpg

2020年01月16日

調子上がらず

札幌から江別大麻まで往復20kmコースを下調べして日曜に走った。
が途中でコースを見失って車が結構走る狭い歩道のない道を走る羽目になってしまった。
早めに通り抜けようとペースアップが仇となって後半ヘトヘトだった。

雪道のランは足から膝にかけて衝撃が少ないようだと「素人ランナー」の僕は思っている。
昨年の1月から膝痛なども皆無であった。
さらに今年は積雪が少なくて走路も広く凹凸も気にならないのでついつい遠出になってしまう。
ただ今回は自宅へ1kmの地点で20kmを超えたのでヘトヘト感も手伝って歩いてしまった。

2日後から微熱、のどの痛み、咳、鼻水鼻づまり・・・いわゆる風邪の症状だ。
今日現在も症状に変化はないのであるが体が重くて仕事をキャンセルしてしまって自宅待機。

そんな僕を励ますかのようにあるものが届いた。

2020-01-16_0844.jpg




GPSランニングウォッチEPSONのWristableGPS J-300という少し前のモデル。
出物があってポチっと購入したものだ。
今までは同じくEPSONのSF-510という数年前のモデルを使っていたがバッテリーの劣化が激しくて満充電でも4時間ほどしか持たないし冬のランニング時には2時間そこそこで途中で「終わってしまう」ことも多くてログに残せないことが不満だった。
基本的にはレース(マラソンなど)に出るつもりも脚力もないのであくまで健康体力維持なのだがやはりそこはスポーツ要素があれば「頑張れる」ものだからということで腕にはめて走っていたのだ。
今日は1km5分切れたとか、10km60分超えたとか・・・一人で楽しんでいる。

今回の時計は心拍数もデータとして取ることができるのでより練習とかにはいいように思う。
限界を超えるような走りはしていないけれど「どこか無理して」いる部分もあるし。
「これ以上はダメよ、ピッピッ!」は効果もありそうだ。

2020-01-16_0843.jpg


この時計はスマホとの連携も可能でメールの着信表示もできるらしいので日常時計として使えそうだ。

2020-01-16_0842.jpg



さてこの時計の出番はいつだろうか・・・中途半端な風邪の症状次第であるが何とか土曜には復活したいと願うばかりだけれど昔と違って老人の風邪は長引くんだよねぇ〜。

さてフライでも巻いて安静にしていなくちゃ・・・

ちなみに欠品していましたHigeFlyストリーマーのBHオリーブとオリーブ&レッド在庫揃いました。
よろしければどうぞ!

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちらから
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 15:11| Comment(0) | Club Note
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。