DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2020年02月08日

チャレンジ

この数日でいつもの白い北海道札幌になりました。
雪がドカッと降ると何かと大変な思いもする。
けれど頭の隅には「北海道はこうでないとね!」と思っている自分がいます。
釣り人だから気になる雪解け、川の増水・・雪代も大切なんです。
阿寒湖だって周囲の山々から湖にたくさん雪解け水が流れ込むことで再生がスタートします。
昨年はこれが少ないことで良くも悪くもたくさんの変化もありました。

昨年末から今年にかけても暖冬異変が続いているけれど何とかドカッともうひと雪をこっそり希望しております。

まぁそんな気持ちでスタートした阿寒倶楽部の2020年ですがいよいよ来週は立ち込む予定でおります。
場所はどこにしようか悩んでいますけれどね。
車中泊をしながら2か所くらい回ってみようかと思います。

とその前にはまずはフライです。

2020-02-08_0985.jpg





代り映えしない阿寒倶楽部の永遠のヒットフライ「Higeスト」でございます。
この小さなフライに毎年何かの工夫を加えること20年・・そんなにリニューアルする部分があるのか?と思うのだが、これがまたあるから不思議。

今回の変更部分はテールのマラブー他もろもろ素材取り付け順位さらにスレッドとワイヤーリビングの巻き出し位置も変更。
自分的にはなかなか大胆な変更だこと!と思っております。
一般の皆様は何のことかわからなくてもよろしいと思います。
WEBSHOPで購入検討されている皆様は昨年までのものと比較されるとわかるかなぁ〜?
どうかなぁ〜という程度の変更です。
ただ一つこのフライがどのように泳いでいるのか!を見ればわかるような気がします。
川でも湖でも一度泳ぎ方を比べてみましょう。

また今年は新たなドライフライを1本販売することに致しました。
シケーダ、セミではありませんよ。
シケーダは僕のフライよりも素晴らしいフライが世の中にはたくさんありますしね。
ガイドの時に使用する程度は巻きますし使用して頂きますが販売用はまったく違うフライです。
昨年7月、阿寒湖中で「釣れねぇ〜」案件が発生したことは皆さまご存じと思います。
しかしその中でもこのフライは確実に釣果を上げてくれたドライフライなのです。

それは追々ブログでアップしてゆきたいと思います。

さてしばらくサボっていましたブログもYoutubeもガシガシやります・・・と最初はいつも思う阿寒倶楽部を今年も宜しく。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:45| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。