DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2020年05月03日

春の陽気に

昨日はようやく春らしい気温になりましたね〜20度超え。
でも20℃って体感的に暖かい?・・気分的にはまだ肌寒し感じがするのは「お年寄り」だからかな。

で、誘われたわけではないけれど近所の川へ鯉チェック。
咲き始めた桜を愛でながらフンフン鼻歌謳って目的地へ着いた。
案の定とでもいうのか朝の雨で濁りが出ていて鯉の姿は見えず。
でももう少しすると多少濁っていてもメスをめぐる雄同士の攻防が見られることは昨年の早朝ランニングでお見通し!
待っていろよ!と捨て台詞を残して帰宅。

結局・・・体力を持て余し気味の年老いたオスは走りに出た。



2020-05-03a.png


なんやかんやで走れなかった先週と違って今週はすでに60kmを超えた・・すごいね!



このところお気にいりの往復コースではなくて昨年日曜日の定番コース。
18kmの三つの川沿いを走るコースへ出た。

この陽気だから結構人もいるかと思ったが、青変わらずの不人気コース。
忘れたころにチャリダーがやってくる程度だ。
チャリダーは全員マスクなし・・もう少し配慮があってもいいような気もするが・・・
おっ!ランナー登場・・僕と同じようなフェイスマスク・・いいねぇ。
自分は大丈夫なんて保証は誰にもどこにもないのが今だ。感染させない感染しない・・この気構えが大事。

とかなんとか走っているうちに今回は余裕の完走となった。


自宅に戻ってストレッチ。
実は10km付近から気がついていたが「気づかないふり」して走っていた右足親指の違和感。
やっぱりね!
内出血していた上にさらに内出血?爪が浮き上がっていました。
痛いような痒いような、引っかかるような、ズレるような・・何とも言えない感触だったけれで無理をしないで走れたってことはそう大変なことではないのだと思う。

画像にするのは気が引けるが・・僕のブログだしね。

2020-05-03_1672.jpg


可愛らしいお嬢様の足であれば良かったのですが・・老いた人間の汚い足で失礼!

毎年爪が生え変わっていることにもうすっかり慣れっこになっているけれど、
温泉なんか行って洗い場で隣に足の指がピンクやパープルのやつが来たら顔を見ちゃうよね。
まぁ見た瞬間「こいつは真面じゃねぇ」って思われるかもしれないけれど「あっちの世界」ではないとはわかるか。

2020-05-03_1670.jpg


昨年までは3Eを履いていたけれど後半緩くなって、今年は標準へ戻したんだ。
早すぎたかもしれないなぁ〜と思うけれど今のシューズの軽さは捨てがたいからもう少し様子見て復活中の左足の親指も浮くようなら思い切ってチェンジしよう。


それと昨日とっても驚いたことがあるんだ。
走っているコースにオジロワシの営巣木があることが分かった。
ものすごく大きな巣で雛がかえってピーピーでさ、今盛んに親鳥が世話をしている。
冬は時々見かけたんだけれどまさか渡じゃなくて留鳥とはね。
一応北海道は都会だからね・・いや僕の住んでいる地域は田舎だけどさ・・
野生・・すごいなぁ〜って思いました。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:21| Comment(0) | Club Note
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。