DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

ランニングInstagramはこちら→

2010年05月02日

阿寒湖2010年解禁

ついに解禁を向かえた阿寒湖
前日のエントリーでも伝えたように、阿寒湖のほぼ半分が結氷したうえでの解禁。渡船もできない初日は、沢山の釣人が西岸を走りまわって、釣りをする光景が見られました。

100501d.jpg


僕は朝5時の時点で西岸の硫黄山川、もしくはホテル群の裏側が釣り場と考えていたから、混雑が予測されるので、思い切ってのんびりと出かけるのも良いかな、と考えていました。

予想通り硫黄山川には沢山の車と釣人。そこで僕らは徒歩で行ける尻駒インレットへ行くことにしました。今日の同行はRDHのHiroshiさん。前日から僕らは道東を釣り歩いていました。

尻駒の林道を歩きながら、もしかすると爆釣?なんて夢を見ながら楽しい散歩時間。
尻駒湾は完全に開いているというのではなく、釣ができる範囲に氷がない、というもの。はたして釣が成立する条件が揃っているのか?



結局ここではノーバイト。ライズも見ることができませんでした。
早々あきらめて次のポイントへ行くのですが、どこも反応がありません。そうして10時、携帯に桶屋さんから連絡。

「氷がなくなったので渡船します」
僕らはすぐにフィッシングランドへ向かいました。合流したShinyaBlogさんと3名で北岸を目指しました。僕らは紛れもなく今年の渡船フィッシャー第1号となったのです。

100501a.jpg


そしてイシカラから各ポイントを釣、最終地点、砂浜へ向かいました。あたりはあるが乗らない状況と群れに遭遇できない、厳しいコンディション。結局最終砂浜までキャッチできず。Shinyaさんが数本のアメマスをキャッチしただけでした。

100501c.jpg


砂浜は4月より氷が融けていた忠類湾のすぐ傍。当然アメマスの回遊も多く、南西風となればなおのことアメマスが群れる可能性があるのです。しかし現実には、低い水温により活性が上がらない状態でした。粘りと根性で9本のアメマスをキャッチできたのですが、釣れた時間はお昼前後の3時間でした。

100501b.jpg
氷の上での撮影

最終5時まで釣りましたが、最後の2時間はあたりもなく、本当につらい時間でした。ただ阿寒湖の解禁に来られた喜びだけで釣をしていたのではないかな(笑)



2日目は所用で札幌へ戻りますが、また次週、大島へ行くために僕は阿寒湖へ戻ります。


ちなみに今日2日は午前中はどこも厳しい状況でしたが午後からは各ポイントでの活性も上がって数釣ができたようでした。

RDH ShinyaBlogをご覧ください。

さて湖全体で釣ができるのもすぐです。阿寒川も好調でどのポイントでも虹鱒が釣れます。

1つ注意があります。
湖のヤイタイ崎で1日熊が出ました。鹿を襲って食べている場面に釣人が遭遇すると言う緊張感のあるニュースでした。阿寒湖は野生生物の宝庫、当然ながらこのようなことはあるわけですが、北岸の場合は特に多いと思われます。行く場合は十分装備や対応策を考えた上で渡船しましょう。また情報についてはフィッシングランドで電話で確認を。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 20:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
takeさん、こんばんは。
今年は気温が低いために、厳しい解禁だったようですね。
これから良くなりますね。ワカサギも多いようなので、今年もナイスなアメマスに遭えるでしょう。
自分も予定を組みたいと考えております。
Posted by メッシ at 2010年05月02日 22:28
メッシさん、こんにちは
今年の阿寒湖、出だしはともかく(笑)解禁しました。
昨日は午後の気温上昇とともに
各ポイントで釣果が飛躍的に伸びたようです。
これから南側も開くとさらに良くなると
思います。
昨日はドラワカコマちゃんにも会いました。
Posted by take at 2010年05月03日 06:43
こんにちは

30日、1日と連日お世話になり、ありがとうございました。最初と最後が極端ではありましたが、どちらも楽しかったです。

ゆっくり飲みましょうと言いながら、ウトウトしているお姿は、笑えました(失礼)。

また、機会があれば宜しくお願い致します。多分、薄野川の方が多いでしょうが・・・。
Posted by Hiroshi at 2010年05月03日 18:10
お疲れさまでした。
今回は初日分があまりにも強烈なので
すべてが霞んでしまいました。
阿寒湖はこの解禁という節目が重要な訳で
できたとか、できなかったとかは二の次なのです。
解禁を向かえる気持ちが良いのです。
ただし、余計なおまけは不要ですがね(笑)

睡魔には勝てません・・もちろん年齢にもね。またお付き合いください。
Posted by take at 2010年05月03日 20:21
HIGEさん おはようございます。
1日阿寒湖と夜の宴会ではお世話になりました。おかげさまで、とりあえず解禁の阿寒湖を満喫させていただくました。今年は春の訪れが遅く、氷には難儀いたしましたね。おまけに熊騒動まで・。

本当の旬はこれからなのでしょう。また、HIGEさんの阿寒湖のロングラン釣行が始まりますね。レポートのアップを楽しみにしております。機会がありましたら是非またご一緒させてください。
Posted by shinya@自宅 at 2010年05月04日 06:36
Shinyaさんおはようございます。
阿寒湖解禁日といえども、こんな状況もあるのだと、改めて自然を感じました。

来年は今年とは違って、解禁直後から爆、なんてこともあるわけですから・・・

まぁ夜の部がメインと思えば、楽しみは十分すぎるくらいです(笑)

また機会作ってガンガンやりましょう
Posted by take at 2010年05月04日 11:05
Higeさん、おはようございます。
1日の日はありがとうございました。おかげさまで楽しい阿寒湖前夜祭(個人的)になりました。
その後の二日間は私にとってあまりいい状態になることはなく、忍耐の釣りをすることになりました。でも、雄阿寒を眺めながら湖に立ち込んでいるだけで「今年もこられたなぁ」と幸せな気分です。釣れたほうがもっと幸せですけどね(笑)
また、ご一緒してくださいね。
Posted by ムラ at 2010年05月05日 08:56
ムラさん、お疲れ様でした。
帰ってきてからの家での修行が大変でしょう?
僕は帰ってきてからは「猫」です

次回、また宜しく
二度と運転はしたくありませんので、助手席でお願い致します。
Posted by take at 2010年05月05日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37509440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック