DSC_3989.jpg

2010年10月24日

秘湯名湯「川北温泉」

川沿いの露天風呂。
釣旅には欠かせない関係にあるのが温泉風呂。釣と温泉一セットで釣旅と言ってもよいくらいだ。
釣で満たされた心もボロボロにされた体も気持ちもまとめて消してくれる魔法の水。それが温泉。

力強い根室海峡の潮水とオホーツクの潮水を浴びたけれど、サーモンとは出会えず。
そろそろ始まるであろうアメマス釣へと足を向ける途中にこの看板が目に入った。

101024f.jpg


ここで一息ついて、これからの釣を考えよう、そう思いながら5km先の湯を目指した。車が1台走れる谷沿いの道をゆっくりと走る。きのこ取りや渓流釣師が見える。
「凄いなぁ〜」お決まりのフレーズを口ずさんで時折クラクションを響かせて、先の見えないカーブを曲がる。

あと100m、最後のカーブを曲がって坂を上ればそこは秘湯の誉れ高い「川北温泉」

101024h.jpg


数台の車が止まっていたが、湯には人影もなく、のんびりと入浴させていただいた。細いパイプからは独特の硫化水素の匂いを含んだ湯が湧き出ている(正確には流れ出ている)。掃除直後は透明度の高いお湯も日に日に濁りをまして乳白色へと変わってゆくのだそうだ。

101024g.jpg


お湯につかると、足や腕にピリピリした感触が出始める。まさにしみこんでゆく成分が僕の体を溶かして行くようだった。


風呂から眺める景色が特別美しいわけでもない。当然それを目的に作られたものではないからだ。
地元や温泉愛好者がボランティアで管理しているこの温泉は純粋に「温泉」を愛でる為の場所なのだと思う。

釣のことも、今日のことも明日のことも考えることはなくて、お湯の匂いや熱さや濃さに集中してしまった(笑)
これが温泉を楽しむことだとしたら、釣も全く同じだと思った。

帰る車の中で我に返った僕はすでに今日の釣を忘れていることに苦笑い。
同時に釣道楽の看板を背負っている僕は年とともに温泉道楽へも踏み込むのではないかと少し不安になってしまった。
人生の中で、仕事や生活と趣味をぎりぎりの線で保っている僕の釣。さらにカメラに温泉が入れば、どう考えても半分以上は超えてしまう。破綻的道楽者と言われるのも時間の問題だぞ、と呆れながら思ったりもしたのだが、反面どの道へも踏み込めない中途半端な道楽者で終わる可能性も否定できないなぁ〜と思考が混迷をましていった。

国道へ出るころには体の温泉効果は続いていても精神的な効果は消えていて、引き返してもう一度入ろうかなぁ〜なんて考えた。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 08:18| Comment(4) | TrackBack(0) | Recommendation of the Akan club
この記事へのコメント
takeさんこんにちわ。
温泉ですか。私も温泉は好きですが、釣りの時は殆ど入りません。
・・・と言うか、入らない様にしてます。
何故なら入ったらtakeさん同様にスポーンと頭ん中がリセットされ、さらには強烈な睡魔が襲ってくるので(笑)
温泉入る→寝るが基本の流れなんで、日帰りで入ってしまうと家に帰れませんから(汗)
泊りがけの時はゆったりと温泉を楽しみますけどね。
Posted by ゴン太 at 2010年10月24日 12:32
ゴン太さん、こんにちは
今日もお仕事中お疲れ様です。

確かに温泉に入ると眠くはなりますね。日帰り時は要注意です。

でもこの温泉は泊まる訳には行かない場所なので、阿寒湖まで帰ってきました。

根北峠の標津側なので、一度は寄ってみてください、まさに秘湯ですよ。
Posted by take at 2010年10月24日 13:26
takeさん、こんにちは

川北温泉は、20年くらい前に晩夏に訪れた事があります。アブの猛襲を受け、それ以降、夏の露天は恐ろしくなりました(笑)。

この川北温泉、元々は旅館があったそうですが、廃業後に浴槽だけ残したとか。当時は林道がガタガタで乗用車だと腹を擦る状況でしたが、今は整備されているのでしょうか?

同じ知床だと、近場に薫別温泉があります。こちらは更に秘境秘湯の感が強いのですが、熊の出没する林道を奥深くという事と脱衣所も何もないので、あまりお勧めはしません。でも、雰囲気だけは最高でございます。
Posted by Hiroshi at 2010年10月26日 08:09
僕も旅館があったと聞きましたが、この地の旅館というのもすごいなぁ〜って思います。
今だって道は相当に厳しいですよ。狭いし、ちょっと雨降ったら通行止めでしょ、これは。

でもお湯は良いですね、体に効きそうな濃厚さです。

薫別温泉ですか、名前は知っておりますが・・・機会があればチャレンジいたします。

寒くなってきたのでトーシロー君の遠征が終わったら海さくらでナベでもやりますか?
Posted by take at 2010年10月26日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41464646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック