DSC_3989.jpg

2010年11月16日

音別川のフライフィッシング

早々と東の釣り場を離れた僕たちは、当初目的であった音別川河口へ向かった。昼近くの時間だった。
音別川のスペシャリストでもある隊長へ連絡を入れると朝は強風で釣にならずにいつもの川へ行ったとのことだった。川では70cmの虹鱒を釣ったと幾分テンションの上がった声をしておりました。

僕らはとりあえず様子を見ると言うことで途中の茶路河口へよって見たが、風はそれほど強いようには感じなかった。それにしても茶路の護岸、水深が相当に浅くなっていたのが気になった。

音別川河口には1台の車があり、フライをキャストしている釣人が一人。予想していたように何とか釣になるくらいに風は落ちていた。準備をしていつもよりは少しだけ水深のある河口へ立ち込んだ。
ファーストキャストで当りがあって、そこからは連発しだした音別川。
サイズも30台から60台と幅広かったが隊長がいったようにとても強い個体が多かった。

101115j.jpg


溜まっている部分が対岸付近の流れの中らしく、ロングキャストが必要だったが、其処に届きさえすれば、ほぼヒットに結びついた。
ただ歩いて探ってゆくと、岸側は深くても、すぐに浅くなって、音別河口も渇水時見た時と変わりなくスリットが消えて浅い部分が相当に多い。水が下がれば「難しい釣り場」になるのだと思った。

101115i.jpg



15本くらい釣れたので、ポイントを譲って色々探っては見たが、釣れるポイントは20m位の区間だけで、そこ以外ではたまに当りがある程度で、全体的に好調とはいえない状況だった。

しかしそこは変わった仲間も釣り始めたから、溜まり加減は上場だった様だ。僕は釣った数を数えるためにカウンターを用意したがデジタルのカウンターは寒さに弱く使えなかったから、旧式の方法で数えることにした。

101115k.jpg


1本あたりの数についてはご想像にお任せするとして、まぁよく釣れました。

僕は帰りの車では十勝付近からの記憶がない。運転を代わってからは、深い眠りに落ちていた。目覚めた札幌付近で「トマム周辺はアイスバーンだった」と聞かされた。

こうして僕らの900kmに及ぶ日帰り釣行は完結した。
若い振りしても、体が言うことを聞きません、肩腰腕すべてに痛みがある今朝の僕です。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41733550
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック