DSC_3989.jpg

2011年01月10日

2011年 Higeフライ

指折り数えて待つ。それが楽しい場合もあれば、妙に焦りを感じてしまう時もある。毎年毎年時間に追い回されている僕にとって週末は阿寒湖!と言う場合は前者であり、フライを巻く時間はどうも何かに急かされているように感じるから後者だろう。僕はよほどタイイングと言うものが嫌いなのだと思う。

フライフィッシングを趣味とする場合は、キャスティング、フィッシング、タイイング、ウォッチングと言う実に要素の多いパーツのそれぞれに喜びを感じなければ成り立たないと思うのだが、いかんせん僕に備わっているのはフィッシングのみ(笑)釣ることだけが僕のフライフィッシングと言うのだから実に浅ましい。

まぁそれはさて置き、今日は家族がお出かけしている家で、実にのんびりとフライを巻いている。こんなことは1年にそう何度もあるものじゃない。今日ばかりはタイイングにのめり込んで、フライフィッシングと言う趣味の幅を少しでも広げるのだ。

20110110a.jpg




だが、元々継続性の乏しい性格だけに次から次からあふれ出る妄想に支配されて指を動かせば、
アリャ〜こんな、フライどこで使うの?
なんじゃこりゃ?ドライなのか?沈めるのか?
・・・

独り言のオンパレードなのである。さらにフライの墓場へ直行する割には高コストな場合も多い。試行錯誤と言えば聞こえはいいが、実際には思考錯乱状態なのだ。
いつしか意欲バロメーターも正常値に戻って、気づけばつまるところHigeフライを巻いている。
おそらく無駄な時間をHigeフライの本数に換算すれば20本にはなるだろう・・・あぁ悲しい。

しかし1つだけ満足できたことがあった。それはフライではなくシンカーsinkerを作ったことだ。
昨年音別の瀬で釣をしていたら、海外みたいに「でっかいガン球」にインジケーターで釣をするフライマンに出あった。
色々勉強にはなったが、僕はこういう釣りは正直、好きではない・・・平たく言えば下手糞だ(笑)

ガン球が底石に挟まってフライもろとも無くなる(根がかり)のが、僕には許せない。
そこで虫類川の鮭釣にも、音別の瀬でも、もちろん阿寒湖の底釣にも使えるようなビーズヘッドシンカーを使ったシステムを考えてみたのだ。
このシステムはフライを始めた間もなくの頃、渓流でニンフフィッシングに使用したことがある。重いニンフを急流に沈めるのにガン球を使うとキャストで木に引っかかったり、自分を釣ったりして、なんとかならないものかと工夫したのがこれだった。当時は確か島崎憲司郎さんのシステムからヒントを得たと思う。

流底をビーズヘッドシンカー3〜5gramで流して、底から10cm〜30cmの流れにいるナーバスなサーモンやアメマスの口元へフライを流す釣り方は軽いフライが必要で、時にはフォームを巻き込んだりする場合もある。

この全体のシステムの利点は通常のフライの位置にビーズヘッドシンカーがあって軽量フライは手前に浮かすので、キャスト時の「ギクシャク」が少ない。フックが石を釣らないので根がかりが少ない。
ラインシステムはどちらでも良い、シンキング、フローティングラインどちらでもよいのだ。

だからこの為に巻いたHigeフライスペシャル2011はロングシャンクフックにフォームを巻き込んだスリムなノンウェイトスタイル。全長は8cm。Higeフライはテール部分が長かったけれど今回のスペシャルはボディが長いのだ。

長々とフライ自慢をしてしまったが、もちろんこのフライも東邦館で販売するので興味のある釣師の皆さんはビーズヘッドシンカーともどもご覧ください。

なお東邦館でのフライの名前はHigeフライではありません。
釣師の心がこもった「希望」と言う名のフライになります。今年もまた収益金はユニセフを通じて世界の子供たちのために使われることを願いとしております。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:43| Comment(2) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
takeさんこんにちわ。
毎年お世話になってますHigeフライ。
私のフライフィッシングにおいて欠かせないフライになってます。
新作の2011版も楽しみにしておりますよ!
ちなみに東邦館にいつ頃から並びますでしょ?
Posted by ゴン太 at 2011年01月12日 12:32
ゴンちゃんおはよう。
昨日も東邦館で館長と今年のフライについて会談(笑)してきました。
おそらく3月後半に設置すると思います。
今年は館長も張り切って巻いていました。
僕も現在100本ほど巻き上げました。

新バージョンは3月の利別で試して、良い結果が出れば販売したいと思います。

ゴンちゃんにはシンカーと共に特別バージョンを用意しますから試してください。
Posted by take at 2011年01月13日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。