DSC_3989.jpg

2011年02月19日

マリモ飴

先週の阿寒湖から1週間が過ぎた。
仕事上の疲れも吹っ飛び始めて、そろそろ重い腰を上げて釣へ・・・・と言うのは遠い昔の話で、
休めばまた、そこには雑用が山積なわけで。

メールをチェックして、業務の内容を確認すれば今日の仕事は終わり。さてとフライ用のマテリアルの清掃と言うのか、切り出しとでも言うのかな。今年のHigeフライのパラリとハックルはいつもの定番パートリッジが品切れでChickabouなるものを使用してみた。

20110219b.jpg


Coq de leon の Hen Soft Hackleである。
使った感想から言えばファイバー部分は強すぎるかな。Chickabouは逆に柔らかすぎて、僕のフライ向きではないようだ。だが使いやすさはパートリッジの比ではない。良い素材だと思う。
ただし買い求めたものがあまりよい品質ではなかった、と言うよりも管理に少し問題があったようだ(乾燥度合いが低すぎてサイド部分は湿っていたからね)個人輸入の場合はこういう部分が要注意かも。

また切り出してゆく過程で出る使えない部位の羽毛が飛び散って、部屋を浮遊している。これには参った。
アレルギーのある僕は目をやられてしまう。病院で処方してもらった目薬がなければ、1日を通して痒さに耐えて涙を流し、真っ赤に腫れた目でまたもや誰かに罵声を浴びせていただろう。

ささやかな罵声に気がついたのか、娘が部屋へ来て僕にプレゼントをくれた。




20110219a.jpg


先日の阿寒湖で買い求めたそうだ。
まりも飴と言うのが製品名なのだが、袋には「あかん」と書いてある。マリモ羊羹で同じみの地元「北海マリモ製菓」の商品だ。価格もお手ごろだし、何よりも、さりげなく同封してある阿寒湖の絵葉書が気持ちを和ませてくれる。
製品はホテルエメラルドにあるから宿泊の際にはぜひとも食べてみてください。青りんごの素朴な甘さが僕は好きです。

「美味しい?」
「うん」

痒みが治まってきた僕の目は少し細くなっていたように思う。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:28| Comment(4) | Recommendation of the Akan club
この記事へのコメント
ご無沙汰してます 泉です。
私もハックルの個人輸入に挑戦してみようと思ってるのですが、お勧めのUSのショップってありますか? もしよろしければご指導おねがいします。
Posted by 泉 雅丈 at 2011年06月17日 09:36
泉さん、こんにちは。
この類の個人輸入はリスクが伴いますね。
過去も現在もそうであるように海外へ出向いたときに、信頼できるお店を紹介してもらって、そこから送ってもらう、と言うのが良いようですよ。またそのようなことを昔からしている信頼できる店に頼む・・・とこれは価格がネックですな。
だけど1ドル80円、多少のリスクは覚悟でも価格は魅力です。

僕はネットで探して、これならいいか!と言うところに適当に頼んでいます。またオークションで知り合ったところに希望を伝えておいて、入荷したら送ってもらうようにしています・・今はこれが一番多いです。
マラブー、シールズファーのような自分にとって消費が激しいものは大量に頼むと安くていいですね
Posted by take at 2011年06月17日 10:57
早速ご指導ありがとうございます。
根気よくウェブで海外のショップをさがすのが一番いいみたいですね。 でもまじめなお店は日本への輸出規制品目をちゃんとチェックしてるみたいで結構ダメ出しくらってくじけてます。
これから阿寒湖もモンカゲシーズン突入ですね! 良い釣りが出来るよう祈ってます。
Posted by 泉 雅丈 at 2011年06月20日 14:52
泉さん、いつも指導を受けているのは私です。ありがとうございます。
おかげ様でマラブーテイルの絡みは激減しており、快調そのものです。

阿寒湖のモンカゲ今は大変難しい時期に突入しております。
ハッチのピークは過ぎ去った感じもしますが、こういうシーズンにはハッチが7月までダラダラと続く予感がします。
Posted by take at 2011年06月23日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。