DSC_3989.jpg

2011年05月03日

5月3日阿寒湖の釣

あまりの寒さに片方のグローブを忘れたことを後悔した。
あるとないとでは感覚がまったく違うのだ。
皮膚を刺すような痛みが3時くらいから出てきて、キャストもリトリーブも上の空状態。
HiroshiさんShinyaさんに先に上がると告げて宿へ引き上げてきた。

暖かい温泉がこれまた皮膚を刺激する、嬉しくも痛くて気持ちいい。こうして僕らは特殊な感覚を身に着けてゆく・・・痛きもち嬉しい・・・変態である。

今日の釣を振り返ろう。

吹雪の様相を呈した湖岸では渡船できるかどうかが心配されたが「釣り人しだい」・・さすがに心強いフィッシングランドである。
ドラワカスペシャリストの駒井さんが選んだのは北岸・・・選ぶ余地もなかったとも言えるかな。
そんな駒井さんにメールをしつつ、僕は宿で考えていたけれど、一応フィッシングランドへ。
北岸は風裏だから釣はできるよ、という桶屋さんの一言で、真冬のような湖をヤイタイ崎へ向かった。

阿寒湖 005 (800x587).jpg


冬の釣・・・毎年阿寒湖の5月は雪が降ります、この数年変わりませんから驚きませんが、今日は風が。

阿寒湖 013 (800x570).jpg



ヤイタイ崎では今年多いことが予測されているサクラマスが僕のファーストヒット。
その後は一緒に入った釣師にはアメマスは来るものの僕にはノーバイト。
移動を決める・・例年のごとく北岸を歩きつくすのだ。
イシカラまでに3本のアメマスをキャッチ。
移動してきた駒井さんとA部長に会った。

しばらくするとShinyaさんが到着。
東へ向かいながら二人で各ポイントを狙ってゆくのだが、
どのポイントでもバイトもあるしヒットもする。
しかし食いが渋い印象である。

湖岸を泳いでいるワカサギも小型で数も少ない。
この辺に理由があるようだ。

しばらくすると僕と同宿の山本さん登場。

阿寒湖 020 (800x601).jpg


すかさずヒット。

僕らはさらに東へ向かう。本日の最終目標は砂浜なのである。
阿寒湖の鉄人釣師、イズミ氏のフェイバレイトポイント(笑)・・一応鉄人としておこう、桶屋さんも僕もだが心の中では違う呼び名を彼に与えてけれど。

本日もここ砂浜は魚影も濃くて先着のHiroshiさんもガッシリ釣っておりました。
ようやく写真を撮りたいアメマスがヒット。

阿寒湖 030 (800x606).jpg


10時間の釣り、極寒の釣り・・・パワースポットヤイタイ島に来る人々は我々を「阿寒湖の修行人」と呼んでいるとか、」いないとか・・・

明日もこの寒さは続くような予報です・・・寒いよぉ〜
でも私たち修行好きの釣師は明日も凝りもせずに船上の釣師となるのです。

さぁ皆さん、楽しい阿寒湖へGO!
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:30| Comment(0) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。