DSC_3989.jpg

2011年05月15日

阿寒クラブ movie vol 4 長い1日

早朝の渡船。
霜が降りた船には釣り場へ向かう釣り師たち。
僕は二日酔いの頭でオロオロヨタヨタと準備をして船に乗り込んだのだった。
釣り場についても忘れ物があるなんて思ってもいない、いや考えられないくらいに昨晩の酒を引きずっていた。

久しぶりに見たアメマスのライズ。
一つや二つじゃない、たくさんのライズ。
今日は良い釣りができそうだと思ったのも当然だ。

だが最初のヒットまでの30分がとても長かったし、二匹目に至ってはさらに30分くらい費やした。
何とか形もの50p位をキャッチしてネットに、と思ったところでネットがないことに気が付く。

不思議なもので、突然冴えわたる思考回路。
ラインボードや、シンキングラインを巻き込んだリール、といった忘れ物が次々と思い出されたのだった。
昼食のおにぎりは持ってきたろうか?

今日の相方は順調にヒットを続け68pという自己ベストまでキャッチしているというのに。
僕の頭はアメマス以外のことで動いる・・・情けないなぁ。

だからこの時点で、僕の今日はとても長い1日になるような気がしたのだった。





大島から北岸へ場所を変えても、なにも変わらないような気がしたが、相方の軽快な思考に従うことが今の僕にはよさそうに思えた。



今日の渡船先は昨日から大島と決めていた。
それはこの数日の夜間の風の向きが南東寄りに強いことが理由だ。
見事にそれは的中して、大島の湾にはアメマスが好む無数の表面浮遊層があった。
当然この下には湖流に向かってアメマスが口をあけて待ち構えているだろうと思えた。

ライズは明らかにワカサギを捕食していると感じた。しかしこのライズはある意味偏食に近いもので、おそらくフライへの反応は今一なのであろう。
しっかり沈めて、湖底を泳ぐアメマスに狙いを絞るのだ。
カウントダウンを20秒にセットすると僕のタイプ4ヘッドが付いたインターラインではブレイクライン付近の岩にかかってしまうことが分かった。
カウントを10秒にセットして釣り始めると、あたりは無数にあるが乗らない状況。
この時点で自身のリトリーブスピードの尋常ではない速さに気が付かなくてはいけないのだが、今朝の頭ではそれは判断できなかった。

ヘッドを外して狙うのも方法のひとつなのだが、今朝はとにかくすべてが面倒だった。
それは移動した北岸でも同じだった。
唯一連発したイシカラでは、それなりの食い気のある群れがいたのだろう、3連発だった。
カメラをセットし直してのキャスト以後はあたりすらなくなった。

空回りが続く釣り。
そんな僕だから10本目を何とか昼まえに釣ることができたのは上出来といえる。
北岸をイシカラから恩根内まで歩いて昼にした。
相方は砂浜から大曲まで歩くという。まったくタフな釣り師である。

2時過ぎには腹を空かせたアメマスが大島に戻るだろうというのが相方と僕の見方だったから、
そのころには船を呼ぶと連絡を取った。
各ポイントを釣りながら僕は砂浜へ向かった。ところどころに反応はあった。

20110514i.jpg


砂浜ではライズはないものの強い気配が感じた。それも沖にではなくて湾方向、つまり恩根内岸方向にである。
そこを攻めて50pクラスを3本キャッチできたことはとても嬉しかった。
この頃にはリトリーブスピードが平常に近くなっていたのではないかと思う。
そうしていると沖や岸際でライズが出始めた。
じきに相方が乗った船が砂浜にやってきたのだが、僕はここの残ることにした。
船が沖に去って、釣り始めるとしばらくして強い南風が吹き始めた。
まさに時合到来である。
すぐに3本のアメマスをキャッチすることができた。
しかし強さを増した風は時合もろとも僕のやる気も吹き飛ばした。
僕は船で大島へ向かった。

大島は南からの緩い風で馬の背部分の右からの風という申し分のない状況だったが、
アメマスからの反応はカウント対象外の30pのかわいい1本だけで、終了を迎えた。

もやもやした気持ちが僕をボッケヘと誘ったのかもしれない。
向かい風の中5本のアメマスがロッドを絞り込んでくれたのだった。

そして明日帰る僕と入れ替わるようにしてやってきたMrYOSHIDAがボッケヘ顔を出した。
広島から着いたばかりの彼は毎度のことながら夕暮れ迫る阿寒湖に数十分でも立つ釣り師なのだ。

長い1日を終え、僕はMrYOSHIDAと宿へ向かった。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 16:16| Comment(0) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。