DSC_3989.jpg

2011年05月28日

2011akanclub movie vol 7 大島ユスリカの釣り

朝マズメの釣りを北岸で終えて大島へ渡った。
南風は巻いているようで、時折湖面がざわつく。
いよいよ着岸という時にすぐそばにいくつものライズがあるのが目に入った。
舘長と僕は大いに喜んだ。

ユスリカのライズは多岐に及ぶ。
潮流によって大量に流れる場合はその下手を中心に起こって、流れとともに遠ざかってゆく。
また、風によって溜まった岸際で無数のアメマスが入り乱れて起こるもの。
浮かんでいるユスリカをポツリポツリと拾うように起こるもの・・・

早朝と夕方から夜にかけて起きるハッチはその夜の風に流されて、「どこか」にたどり着く。
そのどこかに行き着ければそれは釣り人にとってもアメマスにとってもパラダイス・・となりうるのだ。
ただし、このライズが曲者で、引っ張りのように簡単に釣れる、ということはあまりないように思う。
だから僕はユスリカの釣りは、自分の信頼するフライでじっくり狙って釣る、を実践している。
数はともかく、できるだけ自分の範囲の「大きそうだぞ」を狙うようにしている。
この釣りは難しいけれど、改めてドライフライフィッシングは本当に面白いと思のもこの釣りの時だ。


この日のライズアクションは突然始まっては唐突に終わるを繰り返し、大きな群れのライズは2回と小さな群れのライズが1回だった。湾と岩盤付近、そして先端のかけあがり付近。
浮いているユスリカは少なくてシャックや羽化に失敗したものへのライズがほとんど。

僕が使うフライは浮いている場合はレネゲイド。直下捕食と思われる場合はボディ半分が沈んだフローティングピューパ。どちらも12番と大きめだ。もちろん14番や16番でも食うだろうが、僕には見えない場合もあるし、2Xを通すのはちょっとイライラするしね。
そして荒れた湖面で起こる断続的なライズにはソフトハックルの超スローリトリーブで対応している。

20110526e.jpg


一応の結果は出たのだが、決め手はヤイタイ島の白竜神社での参拝だと思う(笑)
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 06:54| Comment(0) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。