DSC_3989.jpg

2011年07月02日

2011akanclub movie vol 13 ヤイタイ島でドライフライフィッシング

早朝のボッケへ向かう途中、かかすかに獣臭がするなぁ〜なんて思った。
釣り始めてしばらくするとボッケの遊歩道の山頂方向から低く吠えるような唸り声。
ありゃ、もしかして熊?

後方の釣り人道を気にしながら5時を迎えた。
渡船で大島へ渡る釣り師達(ほぼ知り合いばかり)が手を振りながら目の前を行く。
大島の東の背に人を下した船が再びジカタ方向へやってくる?
「何をやっているんだろう、だれかあそこで降りるのかな?」なんて思っていた。


目の前のライズを取ることもできずに黙々と釣り続ける僕に東邦舘館長から電話が入った。
「ヤイタイ島にはアメマスがいっぱいいるよ」という電話だった。

フィッシングランドへ向かうと桶屋さんが真顔で「後ろを熊が歩いていたよ」と言う。
そうなのだ、先ほどジカタ方向へ船が寄ったのは「熊を確認する」ためだったのだ。
納得しつつも、紙一重・・・一人歩きは要注意です。
基本的に当面この周辺には入ってはいけないということです・・・反省しております。

とそんな話をヤイタイ島の館長からも聞きつつ、目の前の無数のライズが気になり、慌ただしく釣りの再開です。



舘長はじめ今野さん、佐藤さんもすでに数匹のアメマスをドライでキャッチ。
久しぶりに目の前にアメマスが揺れている場面を見ることができました。群れが多いと湖面が揺れて見えるのです。

早速館長がヒット、キャストするたびに何かしらのバイトがあるようです。
そして僕にもヒット。
ユスリカのピューパに出たのは48pだけどものすごく強いファイトをするアメマスでした。
舘長が隣で雄阿寒岳をバックに映してくれました。

阿寒クラブのHP・・・散々ほったらかしで、やっとのことでアップしたらたくさんの間違いもあって、情けないやら恥ずかしいやら。

一応Movieとphoto中心のサイトとして細々とアップいたしますので、お暇なときにご覧ください。まだPhotoのアップはできておりませんが・・・
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 15:36| Comment(2) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
  takeさんこんにちは。お久し振りです。今年も阿寒湖で楽しい釣りを満喫しているようで何よりですね。
 「熊」は充分注意ですね!今年は釧路湿原の「まさか?」という場所でも『熊が出没しているので注意した方が良いですよ』と声を掛けられビックリしました。
 1日は道東のヤマベ解禁日でしたが、25年振りに休みが取れず、翌2日に高3娘と2人釣行となりました。場所は定点となっている釧路川支流。昼からの釣行でしたが、意外なほど数釣りが楽しめました。
 これからは草も高くなり、より「熊」さんが見えにくくなります。特に早朝は水を飲みに来るので危険です。お互い食べられないよう気を付けましょうね!!
 
Posted by kinmaru at 2011年07月07日 14:02
kinmaruさん、お久しぶりです。
阿寒湖の熊、いまだにうろうろしているようです。
今年親離れした熊兄弟ではないかと推測されているようですが、少し気がかりです。小学校付近でも見られたようですし。
そうですね僕たちが熊のエサにならないようにしなくてはね。


ヤマメ釣り、いいですね。
ヤマメはエサ釣りも面白いですよね。僕が小学生のころは夏の楽しみでした。


Posted by take at 2011年07月07日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。