DSC_3989.jpg

2011年08月16日

知床

今週末には知床へ行く。
各予約も入れて諸々の準備をして北を目指すのが18日だ。
幸いにしてまとまった雨も降って、いよいよ活況を呈する時節の到来!
などと浮かれていたら、水を差すような動画がYouTubeにアップされていたので貼り付けてみました。




ここはどこだろう?この大きな岩は崩れ滝、ペキン、滝ノ下?
場所はともかく、今年の知床半島先端部は相当に熊が多いらしいのだ。
もともと熊の巣窟へ行くのだから、こういう事実をきちっと認識して行く決意をするべきなのだが・・・ね。
いざその場へ出くわすと、あれよあれよと衆人挙って退避することになるのだ。
僕たちが出くわした2009年の場合は前回のエントリーの船長が、事もなげに熊を追い払ってくれたが、基本は船にて海への避難がベストなのだと思う。

今回は単独での釣行だけに、熊撃退用のグッズは持参するとしても、
行く先は当日早朝、相泊で船長の判断にゆだねることになりそうだ。



知床キット・・・と命名しようか。

20110816a.jpg


僕が所持している熊スプレーはBear Attack 
何とも挑戦的なネーミングではあるが、撃退するにはこのくらいの気概は必要ともいえる。
市内の某山岳風アウトドア系専門店で9660円という代物だ。
有名どころは本体のほかに高額なホルスターが必要だが、このBearAttackはホルスター込の価格だ。
この辺が僕には大変によろしい。
距離、噴射時間、カプサイシンの量などもそう大きく変わらないから、これで十分だろう・・と推測する。

おそらくは使用消費期限3年で使うことはないだろうとは思うが、気持ちの問題である。
阿寒湖でも腰にこの重みを感じるだけで十分安心して釣りに集中できたもの。

それ以外は土佐鉈、A&Fのキッチンナイフ、鱒を速やかに仏させる「魚たたき棒」である。
実に物々しく、重々しい装備ではあるが、ワイルドハンティングと考えた場合には必要な道具なのだ。

ただし今年は月末にもう一度行く予定なので、今回は単なるフィッシングでもよい訳で、そうなるとスプレーだけで十分かとも思うのです。

とにもかくにも行く準備はできました。
タグ: 知床
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:23| Comment(10) | Club Note
この記事へのコメント
こんにちは

多分、崩れ滝だと思われます。
船に避難が出来れば一番なのですが、波があったりすると釣り場直下に船を着けられない事も多いらしく、その場合は釣った魚を捨てるなりして待避するしかないと思われます。

ある意味、餌付けですからそれは良い事ではありませんし、最終的には行かないのがベストという事になるのかもしれません。

乗船客はそれなりにいるので、単独になるという事はないと思いますが、これだけ出ていると単独で釣り場に降ろすというのは、恐らく無いのではと思いますね。

いずれにしても、良い夏休みになりますよう、応援しております。

PS

月末、画策中です(笑)。
Posted by Hiroshi at 2011年08月16日 15:22
景色的に記憶がないので崩れ、滝ノ下と考えておりました。
どちらにしても直近の画像だけにこの地へは難しいと考えたほうがよさそうですね。
ペキンかモイレとなりそうではありますね。

一応私も26日27日28日のいずれかを計画中ではあります。
タイミング、フィットすれば現地で宴会しましょう。
Posted by take at 2011年08月16日 16:37
takeさんこんばんわ。
いよいよ知床の季節が到来ですね。
今年の渡船予約は友人にまとめてお願いしてたので、船長が亡くなった事はtakeさんの記事で知りました。
去年も一昨年も色々と海の話や船長の武勇伝(?)を聞かせて頂きました。
波にも羆にも恐れる事無く立ち向かう、正に海の漢と言う方でした。非常に残念です・・・

羆に関しては今年はカラフトの豊漁年なので何処でもお食事中の羆に会える可能性が有りますね。
一昨年出会ったペキンの鼻の個体は爆竹もロケット花火にも慣れて効果無しでした。
羆が唯一逃げ出したのはチェーンソーを振り回して怒鳴りつけていた船長にのみ
(これは人でも逃げ出す迫力でした(笑))
今年は何時も以上にしっかり自衛していかないといけませんね。
Posted by ゴン太 at 2011年08月17日 21:39
ゴンちゃんお久しぶり。
いよいよだね、知床のカラフトマス。
僕は今週末に行く予定ですが、次の週にも時間が許せば行くつもりです。

今回はペキンのさらに奥へ行く予定なのですが、クマの出没が多いようで、渡船業者も良い返事をしないようですから、いつものペキンかモイレウシになる可能性もあります。
どこへ行くにしてもカラフトはこれからが本番ですから、楽しめるのではないかと楽観視しています。
今年の熊はチェンソーも効かないようで、退避するのが得策のようです。

ゴンちゃんも来た時には思う存分釣りまくってください。
Posted by take at 2011年08月18日 06:30
takeさん、お久しぶりです。まあきちです。
今年も行かれるのですね。是非、良い釣りをしてくださいね。

私は月曜日にわたるので、良い情報を流してください。間違っても去年(でしたっけ)のように、「お前には釣れない、連れても黒いのだけだ」などという情報はいりません(笑)
Posted by まあきち at 2011年08月18日 21:14
まあきちさん、おはようございます。
おや、連戦ですね。
僕は今回は日曜日に渡ります。昼過ぎには戻りますので、よい情報が流せれば良いと思いますが、まだギンピカ何本かは釣れるでしょう。頑張ります。
Posted by take at 2011年08月19日 05:56
18日、19日に渡船しましたサトーです。手遅れでしょうが、皆さんに情報まで。18日はモイレウシに若熊が出ました。みんなが大声を出すので後ろを見ると20m地点から見つめられていました。いろいろやっても、すぐに戻って来るので、あきらめて9時撤収です。沖から船頭さんが監視していて、熊が出ると撤収になります。
えさを与えないように早期に撤収したため19日はクズレ滝方面に移動したそうで、熊は見ていません。
画像の熊はクズレ滝に毎日!マスを横取りに来る熊のようです。
Posted by 岡山のサトー at 2011年08月20日 22:36
サトーさん、こんにちは
おっいきなり知床に遠征ですか。
虫類は行きましたか?

今年はどこも熊だらけ、カラフトも多いのだから、もう少し上流で待てばいいのにね。
せっかちな熊は要注意ですな。

昨日と今日の崩れ滝には熊がいませんでした。
きれいな銀色のカラフトも少なかったですが。
Posted by take at 2011年08月21日 19:55
モイレウシ、相泊、忠類川で釣りをしました。意外なことに、忠類川がもっともフレッシュな魚です。ただ、ルアーで攻め続けられるため、フライで釣れるのは朝一番で入ったポイントとルアーでは縦流しが無理な広いチャラ瀬だけでした。
Posted by 岡山のサトー at 2011年08月22日 22:37
サトーさん虫類行きましたか!
帰り道、橋上から見ましたが、小雨のためか釣り人は見えなく、鮭には早そうなのでそのまま素通りしました。

9月に入ったら情報を集めてゆくつもりです。
Posted by take at 2011年08月23日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。